スポンサーリンク

キャンドリア用のキャンドルの価格が高いのです

パパーマンお気に入りのUCOキャンドリアは、3本のローソクを同時にともすのでキャンドルランタンでありながら、比較的明るい灯りが特長です。

ところが、専用のキャンドルを購入すると3本セットで700円前後と、結構なお値段になります。

そこでパパーマンが考えたのが、汎用品の神仏用ローソクを代替品とすることです。

というわけで、下の写真が今回購入したローソクになります。このローソクですがサイズは60号と一番大きなローソクです。

写真の通り缶ビールの2倍ほどの長さがあります。見た目にはリレーで使うバトンとか、ヌンチャクの大きさですね。

このローソクを切断して使おうという計画なのですが、さてどうなるでしょうか。

ローソク60号01

キャンドリア用ローソク代替品購入で人柱となってしまった

パパーマンが購入したのは、花御堂ローソクという商品でアマゾンでは750円程度でした。有名なカメヤマローソクよりも安かったので、こちらを選択しました。

ローソク60号02

このローソクって日本製なのですね。60号が2本入っていますので、これを短く切っていくと何本になるか楽しみです。

ローソク60号03

大きいだけあって、燃焼時間は20時間だそうです。

ローソク60号04

とりあえず、キャンドリアのキャンドルカバーに突っ込んでサイズを確認します。

おおおーっ、はっ、はいらん。。。(汗)

ガーン!!キャンドルカバーに入らないではないですか。これはサイズの選定ミスでした。

この後でミッチーに、「ハロウィンでキャンドル使わない?」とか「かぼちゃの中にロウソクいれないの?」とか、しつこく聞きましたが、

「絶対使わない。」と一蹴されてしまいました。(泣)

はぁー、、、この続きはあるのか。

ローソク60号05

それでは、今回はこのへんで。

「UCO キャンドリア用のキャンドル代用品はこれに決定」 に続きます。

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事