スポンサーリンク

岐阜県はBBQ用品所有率がこんなに高いのです

前回の記事 「粕川オートキャンプ場(2016.7.30)昆虫界で最強の捕食者を見つけた!」の続きです。

7月31日(日曜日)の朝です。

今日も日曜日なのに朝から粕川オートキャンプ場を訪れて、テントを張るキャンパーさん達が次から次へと後を絶ちません。

もちろん帰られる方もいますが、それよりも来る方の方が多いのじゃないかと思いますよ。

パパーマンが住んでいる岐阜県ですが、日本で一番BBQ用品を持っている家庭の割合が多いと昔、誰かに聞いたことがあります。

確かに岐阜はアウトドアを楽しむには事かかない県とはいえ、もっと田舎の県なら他にあるだろうし(無いか?・・・爆)

これはちょっと意外だぞと、ずっと思ってました。

ところが先日、とあるTV番組で岐阜県のBBQ用品所持率が83%だというので驚きましたね。

それって、ほとんどどこの家庭もBBQセットを持っているてことじゃないかって。

なぜなら、パパーマン家はといえば一家族なのに230%くらいBBQセット持っていますので。

(↑それは関係ない)

ちなみに名古屋市では23%とのことです。というわけで岐阜県はみなさんアウトドアが好きなんですね。

そこに粕川の様な無料のキャンプ場があれば、夏は毎日がお祭りの様になるのもわかります。

さて、早起きしたせいでお腹が減ったのでおはぎをいただきます。

粕川25_ぼたもち

この天気でもタープの下は快適なのです

いつもの山を撮影しました。

空が青くて今日は良い天気でしょ。

でも、太陽がギラギラで、日光をあびるとクラッときますね。

粕川25_いつもの山

見てください、ムササビウイングの下の影を。

ムササビウイングのポリコットン素材はとても厚手なので濃い影を作ってくれます。

この影の中で、じっとして時間を過ごせば暑さは大丈夫なのです。

粕川25_日陰

このバンダナは風力を知る目安です。

このくらい風が吹いてくれれば、涼しいくらいですよ。

粕川25_ 風を受けるバンダナ

さらにクーラーボックスで冷やしておいたあんみつをいただきました。

また読書をしたり、音楽を聴いたりして時間が過ぎていきます。

周りのみなさんも帰りそうにないのでつられてゆっくりしちゃうのですよね。

困ったことにチェックアウト時刻の無いキャンプ場ですから(笑)。

粕川25_ あんみつ

お昼ごはんにします。

まずフライパンで玉ねぎを炒めます。

粕川25_ 玉ねぎと豚肉

あとは残り物なのですが豚肉を炒めて食べました。

粕川25_ 玉ねぎと豚肉いためる

スポンサーリンク

このイタリア製マキネッタは迫力があって楽しいぞ

最後は、ビアレッティ ブリッカ でしめます。

自宅でも、このマキネッタでエスプレッソを作ったりしますが、最後にゴーという大きな音でコーヒが一気に抽出される瞬間を待っているのがとても楽しいのです。

例えるなら、パンパン菓子の機械がバン!って爆発するのを待っている様な感じです。(←我ながら昭和チックな表現)

粕川25_ マキネッタでカプチーノ

先日買ったペリーニ(Pellini)のロゴ入りエスプレッソ用カップを使ってみました。

やっぱり専用のカップが格好いいですね。

砂糖を入れてかき混ぜたら、グイッと飲みましたよ。

粕川25_ エスプレッソ用カップを使った

さて、覚悟を決めて撤収です。

これが死ぬほど暑くて暑くて・・・。

最後にタープをたたむ頃には、息は切れるし体が思ったように動かないので、働いては車の中に座って休みながらを繰り返し、結局午後3時ころに撤収が完了しました。

それにしても、車のエアコンの冷風の気持ちいいこと・・・。

アウトドアを楽しみながらも、最後は車のエアコンの前にひれ伏すとは。

それから帰りにコンビニでソフトクリームを食べたら、なんとか生き返りましたよ。

粕川25_ 復活のソフトクリーム

今回のキャンプ日記は、ここまでです。

最後まで、おつきあい戴きありがとうございました。

それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ!

→最初の記事「粕川オートキャンプ場(2016.7.30)夏休みの人気キャンプ場にて」に戻る。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事