カッコよいキャンプサイト01
カッコよいキャンプサイトを作るには?

今回はキャンプサイトをクールに見せる方法について、僕が日ごろ考えていることをお話します。

といっても、何かおしゃれで格好良いキャンプ道具をおススメするわけではありませんので、ご安心ください。

僕はブログを作っているのでソロキャンプ、ファミリーキャンプにかかわらず、キャンプ場に着いた瞬間から自分のキャンプサイトの写真をずっと撮っているわけなのですが、その撮影中には「どうしたらもっと自分のサイトが格好良く見えるだろう?」ということをずっと考えています。

そこで今回はカッコよく見せるために、まず初めに僕がやってみたことを紹介します。一言で言うと、見せたくないもの、見栄えの悪いモノを隠すことです。

次に対策を考えていきすが、出来るだけお金がかからないように引き算の考え方を基本にしています。

スポンサーリンク

サイトの雰囲気を壊すアイテム5選

はじめにキャプサイトの見栄えを悪くするアイテムを5つあげます。どれも、キャンプでよく使うものではないでしょうか?

  1. レジ袋
  2. 安いCB缶
  3. キッチンペーパー
  4. ティッシュボックス
  5. ウエットティッシュケース

では、対策を見ていきましょう。

白いレジ袋はすべての雰囲気を壊す

キャンプサイトの雰囲気を壊す一番の問題児はスーパーで買い物をした時にもらう白いレジ袋(最近は有料が多いですが)です。このレジ袋は便利ですが、景観の破壊力は強力ですので、まずはじめに隠したいアイテム。

僕はキャンプの買い出しの時にスーパーで入手したレジ袋を、そのままキャンプでゴミ袋として使っているのですが、この白い袋がカメラのフレームに入ると、もうどうやってもセンスのないサイトにしか写しだすことが出来ません。

一時期はスーパーでもらってきた小さい段ボール箱の中にレジ袋をセットして使っていましたが、何度も使っていると段ボール箱が壊れてしまうので、その都度交換するのが面倒になりました。

そこで最近、ソロキャンプでは1000円くらいで買ったマーキュリー のキャンバスバケツ  Sを使っています。 使い方としてはキャンパスバケツの中にレジ袋を入れ、ダブルクリップで留めるだけ。

これでレジ袋が見えることはありませんし、このキャンパス生地のバケツはなかなか質感も良いので気にいってます。(サイズはMの方が良かったかなと思っていますので、もし購入される場合はご検討ください。)

キャンプのゴミ箱

ただ、このキャンバスバケツの弱点は、キャンプ場によくある草の上のような凸凹の地面の上では軽すぎてなかなか自立してくれないこと、あと意外に折りたたんでもコンパクトにならないことです。まぁ、これもデザインはいいけど完璧なゴミ箱ではないです。

ちなみに、ファミリーキャンプでは廃盤品ですがスノーピークの高級ゴミ箱を使っています。(笑)これは結構いい!

スポンサーリンク

どう見ても安っぽいデザインのCB缶

次に考えるべきはホームセンターで1本100円以下で売られているCB缶です。僕もよく使っていますが、CB缶のデザインって、どのメーカーも今ひとつなのですよね。(その点、スノーピークなどのアウトドアメーカー製CB缶はデザイン性が高いけど、価格が高いのが難点。)だから、あまり目立つ場所には使いたくないアイテムです。

空き缶

そこで、現在僕は対策としてCB缶を使うガスランタンには市販のCB缶カバーを使っています。

ごく普通の対応で、工夫が無く申し訳ありませんが、これをつけるだけで格好よくなるので気に入っています。

SOTOLABCB缶カバー

「市販のCB缶カバーはちょっと高いので。」という場合には、100均のペットボトルカバーでも代用できますよ。

白いキッチンペーパーからは生活感が漂う

次はロール状の白いキッチンペーパーです。箱に入っているキッチンぺーパーについては次項のティッシュペーパーケースの場合と同様なので、そちらをご参照ください。

キッチンペーパーはシェラカップや皿の汚れを拭きとったり、フライパンの油を吸わせたり、またテーブル上にこぼしてしまった汁を拭いたついでに磨いて艶を出してみたりと、とても便利なのでキャンプで重宝しています。

本当はテーブル上のすぐ手の届くところに置いておきたいのですが、そうするとサイトから「生活感」という臭いを一気に拡散させてしまうことになりますので注意が必要です。

そこで僕が最近使い始めたのが、ユニフレームのお値打ちなUFキッチンペーパーホルダー。これを木製のロールテーブルにセットして使っているのですが、すぐ手元にキッチンペーパーがあって、片手だけで簡単にカットできるので使い勝手がいいし、テーブル下の見えないところに隠せるので一石二鳥で気に入っています。

UFキッチンペーパーホルダー10

他に調べたところ、バリスティクスの「ミリタリーキッチンペーパーケース」がアウトドアっぽいデザインでいいですね。まぁ、そのぶん価格が高いので目ん玉が飛び出るかもしれませんが、このデザインは魅力的ですね。

ティッシュぺーパーの紙箱から飛び出る白い紙の見た目

ティッシュペーパーというのは価格競争が激しいので、あの紙箱自体が安っぽいと感じるのは、これはもう仕方ないことです。

でもキャンプサイトにあの紙箱が一つ置かれているだけで、どうしてもサイト全体にチープ感が漂う感じがしてしまうから困ったものです。

そこで、ここでも市販のティッシュペーパーボックス専用カバーで隠してしまう対応が考えられます。

キッチンペーパーの場合とは違って、ティッシュペーパーの場合は市販されているカバーの種類が多く、安くてアウトドアに似合うモノも探せばいくつか見つかると思います。

ただティッシュペーパーにはもう一つ問題があって、僕はどうしてもあの箱からペロンと常に飛び出ている白い紙の存在が気になってしまいますが、みなさんはどうでしょうか。

というわけで、結論を言うと僕はキャンプではティッシュペーパーは使わず、キッチンペーパーで代用するようにしています。

青いウェットティッシュのケース

ウエットティッシュも僕がキャンプでキッチンペーパーと共によく使っているアイテムです。これも拭く時にキッチンペーパとは違った使い道があり除菌も出来て便利です。

ウェットティッシュには袋に入っているタイプと、筒状のプラスチックケースに入っているタイプの2種類がありますが、サッと取り出せて使いやすいのはケースに入っているタイプだと思いますので、こちらの話をしましょう。

メーカーが違っても、およそ青いケースのデザインが多いのですが、キャンプサイトの雰囲気への影響については、ここまでくると正直なところ微妙(あっても必ずしも悪くならない)と感じるレベルです。というのもウェットティッシュのケースは殺虫剤や虫よけスプレーに似た医薬品っぽい清潔感のあるデザインなので、必ずしも安っぽい感じはしないからです。

ただ、他のキャンプ道具の中に置くと存在が浮いてしまうことも多いので、置き場所次第かなと思います。

ウエットティッシュ

というわけで、僕は今のところ目立たない場所に置いてこのまま使っていますが、いずれこれも専用カバーを買おうかなと思っているアイテムです。

まとめ

以上、クールなキャンプサイトを作るために、はじめにやった方がいいことについてお話しました。

ここはアイデア次第で、最小限の投資で最大の効果を出せる部分だと思います。キャンプでこういうところを考えている時って、なかなか楽しいので是非お試しください。いいアイデアが見つかったら、僕にも教えていただけるとありがたいです。

それでは、今回はこのへんで。

みなさん、キャンプを楽しみましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事