今回は、最近使い始めたコールマンのフロンティア PZランタンを紹介します。

スポンサーリンク

今年の冬キャンプを乗り切るために購入したガスランタンがフロンティアPZランタンです

少し昔になりますがGENTOSのエクスプローラーEX-777XPにはじまるLEDランタンがキャンプの灯りとして台頭してからというもの、今ではキャンプの灯りはLEDが標準になりつつあるくらいの勢いを感じます。

確かにLEDはテント内でも安全に使えるし、手軽に扱える上に明るいのがいいところです。

ガスランタンの灯りは癒しの効果がある

でもパパーマンはソロキャンプに通っていますが、キャンプの夜にはLEDの便利さよりもガスランタンの暖かくて癒される灯りを選びたいと思うのですよ。

燃料系ランタンの中でもガスランタンは扱い方がとても楽なところが気に入っています。

ところが冬になるとレギュラーガスはガスの気化熱でガス缶が冷たくなり気化が進まずに照度が落ちるのです。

これがドロップダウンという現象で、ガスランタンの唯一の弱点ですね。

そこでこのドロップダウン対策をいろいろ考えていましたが、寒冷地用のCB缶を使うことを考えました。

寒冷地用のガス缶はレギュラーガス缶と比べ価格が高いので、なんとかガスを節約できないものかとソロキャンプ用に小さなランタンを探すことにしました。

もちろんホヤがフロストであることは重要です。いくら明るくても目に刺さるような眩しい灯りは苦手ですから。

プリムスはパパーマンが好きなメーカーなので 昔からあるIP-2245A-S ランタンを候補として考えましたが、このランタンは小型なのに価格が1万円超えと高価なので直ぐにあきらめました。こんなの買ったら怒られそうですから。(笑)

コールマンのフロンティア PZランタンはお値打ちです

もっとお値打ちなガスランタンが無いかと探していて見つけたのがコールマンのフロンティア PZランタン。

このランタンは実売で4000円を切るありがたいランタンです。コールマンといえば、もともとランタンメーカーなので結構いいランタンじゃないかと思い購入に至りました。

フロンティア PZランタン 00

コールマン フロンティアPZランタン の主な仕様

主な仕様です。

  • 本体サイズ:約幅10×奥行7.5×高さ13cm
  • 質量:約200g
  • 明るさ:約108CP/80W(レギュラーガス使用時)
  • 燃焼時間:約6~12時間(230g缶使用時)
  • 使用グローブ:#3113用グローブ
  • 使用マントル:ルモ型
  • 使用燃料:LPガス
  • 付属品:プラスチックケース
  • 仕様:自動点火装置

明るさは80Wなので、プリムスのIP-2245A-Sの100Wより暗いのですが、このくらいがちょうどいいと思っていました。その代わり、最長で12時間(230g)も使えるのがポイントです。

フロンティア PZランタン 02

スポンサーリンク

コールマン フロンティアPZランタンの細部をみる

ランタン本体ですが、下の写真の様な白い半透明のプラスチックケースに収納されていました。

フロンティア PZランタン 03

続いて、フタをあけたところです。

フロンティア PZランタン 04

ランタン本体とチェーン、そしてマントル1枚が同梱されていました。使う前にマントルを装着して、カラ焼きをしなきゃいけませんが、これはまた次回紹介します。

フロンティア PZランタン 05

ガス代節約のためOD缶→CB缶への変換アダプターを使用

この丸いのがOD缶→CB缶への変換アダプターです。パパーマンは「つめかえ君」を使っています。

ガス器具のネジ部の形状によっては、取り付けができなかったりするアダプターもあって注意が必要なパーツですが、このフロンティアPZランタンには問題なく装着できましたよ。

フロンティア PZランタン 06

そのアダプターを本体に装着したところです。

フロンティア PZランタン 07

最後にアダプターを装着したままでケースに入るか試してみましたが、これは何とか入りましたね。もし入らなければ、使うたびに装着すればよいだけですがね。

フロンティア PZランタン 16

今回の紹介は、ここまでです。

続きは 「燃えよガスランタン! フロンティアPZランタンのマントル空焼き」 の記事をどうぞ。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事