落ち葉とテント
フカフカの落ち葉の上にテントを張ろう
スポンサーリンク

落ち葉のクッションでテントの床はふかふかです

2017年11月3日(金)、4日(土)の1泊2日で 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある平湯キャンプ場にソロキャンプに行ってきました。今回で今年36泊目のキャンプになります。

平湯キャンプ場には今年の夏に来たのですが、その時は天気の良い上高地をハイキングしたものの、途中で熱を出してしまいダウンしてしまったのです。そんなこともあって、年内にもう一度平湯キャンプ場にやって来ようと思っていました。

とてもお気に入りのキャンプ場なのです。

その時のキャンプのお話はこちら。けっこう長編です。(^_-)-☆

11月3日(金)は文化の日。3連休の初日にあたるこの日は朝起きると、天気がよくて青空が広がっていました。いやぁもう、すごくやる気が出ましたね。なんと言っても10月はずっと週末が雨ばかりでしたから。

午前中に自宅を出発したパパーマンは、道中で紅葉をたっぷり楽しみながら、この平湯キャンプ場にたどりつきました。

平湯キャンプ場には15:30頃に到着。この平湯キャンプ場には200組が入れるそうですが、この日のサイトはだいたい1/3くらいが埋まっていたように思いました。11月中旬頃から冬季閉鎖になるので、きっと今年最後の繁盛期ですね。

パパーマが選んだサイトには落ち葉がいっぱい積もっていて、この上にテントを張ると、想像とおり床がフカフカになりました。いいですね、自然がいっぱいの山のキャンプ場っていうのは。

平湯02_テントは落ち葉の上

今回はモンベルのムーンライト5型を持ってきました。というのも明日の朝は早くテントを撤収し、上高地を歩こうという計画だったのです。ムーンライトは張り綱が無くて、設営・撤収が比較的楽なテントなのです。

という考えだったので、タープもあえて張りませんでした。(これが失敗でしたが。)

平湯02_テント設営

夜の冷え込みに焚き火の準備は万全です

今夜は寒くなりそうなので、焚き火の準備をしています。焚火台はユニフレームのファイアグリルです。ソロで使うのは今回が初めてです。ファイアグリルはとても丈夫な焚火台なので、重いものをのせても大丈夫です。なので焚火だけでは無くて、調理する用途にも向いていますよ。

平湯02_焚き火準備

スポンサーリンク

秋の空に広がるウロコ雲には注意!

見上げると、空にはウロコ雲が広がっていました。これは秋によく見られる雲ですね。

なーんて、この時は「面白い雲が出てるね。」とか、その程度に思っていました。少し気になっていたので、自宅に帰ってから本で調べてみると、ウロコ雲とかイワシ雲というのは雨が降る前兆なのだそうです。(苦笑) あー、この雲を見てこの時に気がついていれば・・・。

平湯02_イワシ雲

もうすぐ太陽が西の空に落ちます。すると、正面の山が明るくなってきました。

平湯02_夕日

このキャンプ場に来たらひらゆの森に行くしかないでしょう

パパーマン、まだ少し時間があるので「ひらゆの森」に行ってきました。ここの温泉は露天風呂がとても広くて気持ちいいのですよ。ひらゆの森の入場券は、キャンプ場の受付で割引価格で購入することが出来ます。

平湯02_平湯の森へ

今回は、このへんで。

つづきは次回「焚き火は楽し!平湯キャンプ場の夜」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事