日曜日の朝のうぉううぉう
日曜日の朝のうぉううぉうと落ち葉

こんにちは、ochanです。

今回のキャンプにつきあってくれたミッチー(奥様)のことですが、実はこのブログの記事の中にはミッチーの書いた記事が数点あります。

というのも、本当はこのブログを始めたのは僕では無く、ミッチーが作ると言ってはじめたブログだからなのです。

それがすぐに飽きた?のか記事を全然書かなくなり、何故か僕が代わりにずっと記事を書くようになったのですよねー。(#^.^#)

そんなミッチー、最近スマホでずっとYoutubeばかり見ているなと思っていたら、自分もYoutubeを始めると言いはじめたのですよ。

『いやいや、それ絶対無理だから。』

とこれまでの所業をみて思ったのですけど、

あえて「スマホでYoutubeも撮れるみたいだよ。」とユーチューバー入門コースのお試しをしてみたらとアドバイスをしておきました。

すると今回のデュオキャンプのことをスマホで撮って動画にすると出発前に言っていたのですよね。

ところがキャンプ場に着いてしばらくたってから、

「あっ、出発する時の動画撮り忘れちゃった。」

とか言っていました。

『知らんがな。』

まぁまぁ、しばらく様子を見守りたいと思います。(p_-)

Youtubeの代打は無理っすから。

それでは、今回は落ち葉と焚き火と冷雨のデュオキャンプの最終話です。

最後までごゆっくりとどうぞ。

スポンサーリンク

標高1300mの山の朝は寒かった

前回の記事「落ち葉と焚き火と冷雨のデュオキャンプ 第二話」の続きです。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯にある平湯キャンプ場でのデュオキャンプ、2020年11月8日(日)の朝。

昨夜の雨はもうやんでいるようですね。

朝起きてテントの外にると、雲の間からきれいな青空が見えています。

それにしても、山の朝は寒いですなぁー。

そして空気がとてもウマい。

日曜日の朝の空

起きたらまずはモーニングコーヒー。

寒いので石油ストーブを点火して暖まりましたよ。

このクラスのサイズのテントならば、アルパカ一台だけでかなり暖かくなりますね。

朝のコーヒー

気温は7℃

気温7℃

昨日は雨が降ってしまったのでサイトまわりの写真があまり撮れなかったのですが、こんな感じです。

落ち葉が積もってます。

平湯キャンプ場は手前に見える木の杭より奥が車が入れないテントサイトになっています。

落ち葉のサイト

チェックアウトまでのんびりしよう

昨日はお風呂に入れなかったのですが、するとミッチーは朝から

「今すぐ撤収して温泉に行きたい。」と訴えてきます。

僕は毎週のようにキャンプに出かけているせいか、今の季節なら2、3日お風呂に入らなくても全く平気な体になってしまっているのですが、ミッチーにとっては一日でもお風呂に入らないと気になるようです。

でも平湯のチェックアウトは12時だから、あと少しだけのんびりすることに。

しばらくは、このニーモのスターゲイズリクライナーに座ってもらってユラユラしてもらいましょう。

スターゲイツ

トーストを焼く

朝食は昨夜のビーフシチューの残りをあたため、あとは食パンを焼いていただきました。

このプリムスのトースターも長いあいだ使っています。

オートバイでキャンプツーリングしていた頃に使っていたので、買ったのは30年くらい前になるかな。

壊れる気配はまったくないです。(#^.^#)

トースト

プリムスのトースターの紹介記事はこちら。

スポンサーリンク

落ち葉と雨のあと

それでは、平湯キャンプ場をパトロールしてきます。

青空

落ち葉と緑の苔が目の保養になります。

落ち葉と緑

昨夜降った雨のしずくを発見。

水滴

ペグが落ち葉で埋もれてしまいそう。

ペグ

ソロソウルウォウウォウは乾燥撤収できるかな

ソロソウルウォウウォウのスカート部分がまだ濡れていますね。

撤収までに乾くか微妙ですね。

でも来週もキャンプに行くので、このくらいなら濡れていても大丈夫ですけど。(#^.^#)

濡れたスカート

ミッチーはスターゲイズで読書の様です。

読書中

デュオキャンプのサイトを撤収しよう

では十分楽しんだので、デュオキャンプのサイトを撤収することにします。

撤収開始

撤収完了。

AM11:30頃にキャンプ場のゲートを出ました。

もちろん、このあとはキャンプ場から車で5分のところにある「ひらゆの森」で温泉に入り、レストランで昼食をいただいてきました。

いやーいい週末でした。

撤収完了

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

僕のブログでは珍しいデュオキャンプのお話でしたが、最近はあっくんがキャンプにつき合ってくれないので、ミッチーとデュオキャンプの機会が増えてくるかもしれませんね。

とりあえず次のデュオキャンプ地として、ふもとっぱらを予約しておきました。(笑)

それでは、今回はこのへんで。

またどこかのキャンプ場でお会いしましょう。

→初めの記事「落ち葉と焚き火と冷雨のデュオキャンプ 第一話」に戻る。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事