鳥海山に立つ二人 後ろは日本海です
鳥海山に立つ二人 後ろは日本海です

前回の記事「平成と令和をつなぐファミリーキャンプ旅 神秘の丸池様」の続きです。

5月4日(土)のお昼。

山形県の丸池様(まるいけさま)を離れ、今度は鳥海ブルーラインを走って鳥海山を上ります。

鳥海山は、山形県と秋田県の県境にある山で標高は2,236メートル。別名「出羽富士」と呼ばれています。

スポンサーリンク

鳥海ブルーラインをドライブ

鳥海ブルーラインは、海抜ゼロメートルから一気に1,100メートルまで車で一気にかけのぼる山岳道路です。

この鳥海ブルーラインは10月下旬~4月下旬まで冬季閉鎖となります。今年は4月26日に全線開通しました。

鳥海山(ちょうかいさん)って、かっこいい名前ですよね。(笑)

その昔、僕はオートバイでこの道を走ったことがあり、今回の旅でまた訪れたかったのです。

四合目駐車場より

四合目の駐車場で散策。

といっても、道路と駐車場以外は雪しかありませんが。

今日は天気がいいなぁ。

雪の残る鳥海山

 

五合目 稲倉山荘で食事

さらに車で五合目までやって来ました。

お昼を過ぎていたので、ここで昼食をとることにしました。

ブルーラインでは、きっとここが一番おおきなレストランだと思います。

鳥海山の食堂

カレーのスプーンって水につける?

僕はカレーライスを注文しました。

するとスプーンが水を入れたコップに突っ込まれて出てきたので驚きました。(下の写真)

時々、カレーを食べる時にコップの水にスプーンをつけてから食べる人がいますよね。これはご飯がスプーンにつかないようにする意味があると思うのですが、お店の人がスプーンをコップに入れて出すのは、どんな意味があるのでしょうか。(#^.^#)

これはひょっとして文化かな?

カレー

五合目 鉾立の雪の上にて

丸池様から五合目までの道のりです。ご参考まで。


「最高だぜぇー!」とミッチー。

ヤッホー

その後、雪の上から降りる時は、お約束通りお尻でダーッと滑ります。

滑るミッチー

雪の壁

おおっ、雪の壁がこんなにも高いではないか。

雪の壁

鳥海ブルーラインを一周したら、ひたすら海岸線を南下しました。

道の駅笹川流れ(夕日会館)

夕方には新潟県までやって来ましたよ。

「道の駅」笹川流れ夕日会館で一休みです。下の写真の「夕日会館」という名前に魅かれたのです。

この道の駅は、日本海(笹川流れ)の「夕日」をテーマに、村上市山北地区の観光拠点施設として平成5年にオープンした施設。

JR羽越本線桑川駅に隣接しています。

夕日会館

ここで少し早い夕ご飯をいただきました。

いくら丼

粟島に沈む夕日

本日のクライマックスは粟島に沈む夕日です。

しばらく見とれていましたが、癒されますねー。

粟島に沈む夕日

長いキャンプ旅での疲れをとるため、今日はキャンプではなくホテルに宿泊です。

それでは、今回はこのへんで。

続きはこちらの記事をどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事