つるつる輝く小川原湖産のシジミです
つるつる輝く小川原湖産のシジミです

前回の記事「平成と令和をつなぐファミリーキャンプ旅 一晩で岐阜から青森へ」の続きです。

青森県三沢市にある三沢オートキャンプ場 4月30日(火)の夜です。

スポンサーリンク

市民の森温泉浴場

テントでしばらく休憩後、三沢オートキャンプ場から約5分のところにある市民の森温泉浴場へやって来ました。

ここは源泉かけ流しの天然温泉ですが、なんと入浴料が大人160円(市民なら110円)と破格なのです。

お湯は、つるつるするお湯でした。(#^.^#)

市民の森の温泉

温泉でさっぱりしたら、すっかりリフレッシュできました。

家族の宴のはじまり

キャンプ場にまた戻り、宴のはじまりです。

ミッチーはいつものようにコールマンのアウトドアワイングラスでビールを。

ワイングラスでピール

今回はST-310とキャンプ羽釜でご飯を炊いています。

ST-310で炊飯

ホタテ貝を炉端焼き器炙りやで焼く

さて、スーパーで買ってきたホタテをイワタニの炉端焼き器炙りやで焼いていきましょう。

ホタテを焼く

やっぱり焼きたてが美味しいですね。

ホタテが焼けた

シジミの味噌汁

道の駅で購入したシジミはみそ汁の具にしました。

下の写真はシジミが写っていないので、今一つですね。(笑)

シジミの味噌汁

B級グルメの十和田バラ焼きでバラ色の人生を

もう一つ、スーパーで見つけたお肉がこちら。

青森県十和田市民のソウルフード、「十和田バラ焼き」です。

あのB-1グランプリで、十和田バラ焼き」がグランプリをとったことがあるようですね。

こいつをフライパンで玉ネギといっしょに炒めます。

十和田湖バラ焼き

牛のバラ焼きなのですが、シルだくでジンギスカンっぽい味でした。

これは美味しいですね。

バラ焼きできた

スポンサーリンク

そろそろ消灯

お腹いっぱいになったので、そろそろ消灯して同じテント内で寝ることにします。

LEDランタン

この日の夜中は天気が荒れました。

雨と強風がしばらく続きましたが、グロッケはなんともなくて無事就寝することが出来ましたよ。

それでは、今回はこのへんで。

続きはこちらの記事をどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事