スポンサーリンク

キャンプで使う2代目のセイロをみつけた

昨日、夜空に赤い火星を見つけたパパーマンです。

さて以前、「キャンプに蒸籠(せいろ)を持っていこう」の記事でパール金属のセイロを紹介しましたが、このセイロはしばらく使っていたところ、手入れが悪くてカビを発生させてしまい手放しました。

使った後は日陰で干しとかないといけないのですが、この作業を忘れちゃったのですよね。でもセイロで作る料理の楽しさを忘れられないのでまた買おうか、でもまたカビさせたらどうしようかと迷っていたところ、いいのがありましたよ100均のダイソーに!

100均セイロ01

これが、良くできているのですよね。100円で、この作りこみは素晴らしいです。

100均セイロの細部をみてみる

包装をとると、この通りです。

キャプテンスタッグのセイロは輪っかの部分が杉でしたが、こちらは竹ですね。輪っかの接合部分に少しすき間がありますが、使用上は問題ないです。

100均セイロ02

フタをあけると、この通りちゃんと竹を編んで作っています。初め見たとき、これを100円で作れるのか?と少々驚きました。

100均セイロ03

ひっくりかえしてみました。全く問題ないいですね。確かにパール金属の商品と比べると、耐久性の面では見劣りがするかもしれませんがカビさせると、もともこもないですから(笑)

100均セイロ04

スポンサーリンク

さっそくイモを蒸かしてみよう

さっそく、ふかしイモを作ってみました。といっても、イモを写真の通りセイロに入るサイズに切って入れるだけです。

100均セイロ05

イモ、蒸かし中。

100均セイロ06

ナイフを差し込んで、スムーズに入れば完成です。

甘くて、おいしかったですよ。セイロはこの手軽さがいいのですよね。

100均セイロ08

100均セイロのまとめ

さて、100均のセイロどうだったでしょうか。

使い勝手も、全く変わりありませんし、何よりお求めやすいお値段なのでおすすめです。パパーマンは、しばらくこのセイロを大切に使っていこうかと思っています。

(今度は、カビさせない様に気をつけたいと思います。)

もし100均でセイロをみつけたら、是非キャンプで試してみてください。安いシューマイでも、竹のセイロで作るとうまいですよ。

100均セイロ07

それでは、今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事