前回の記事「薄明の粕川オートキャンプ場から」の続きです。

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある粕川オートキャンプ場 2018年8月19日(日)のまだ朝です。

スポンサーリンク

夏の山の緑がとても綺麗です

さて、2度目の眠りから覚め(笑)、ふたたび活動をはじめます。

青空が広がって、今日はいい天気ですね。

下の写真は、いつもキャンプ場から少し上流に見えている山です。コントラストの違う山の緑とイネの緑がキレイ。

粕川52_いつもの山

漁師さん!?

キャンプ場前の川で、長い網を仕掛けて魚を獲っている方がいました。網を仕掛けた後で、大きな石をドボーン!!と川の中に投げ込んでいました。驚いた魚が網にかかるという寸法の様ですね。

実際に魚が獲れていたかどうかまでは、ずっと見ていても分かりませんでしたが、アマゴとかとれるのでしょうか。

粕川52_魚とり

お腹が減ったので、ヤカンでお湯を沸かします。

粕川52_やかん

朝ごはんはペヤングソース焼きそばです。今回のキャンプはとことん手抜きめしです。(^^ゞ

腹ごしらえが出来たところで、キャンプ場のパトロールに出かけますね。

粕川52_ペヤング

スポンサーリンク

夏の終わり咲く花

これは珍しいです。

このキャンプ場では初めて見た気がするピンク色のユリです。自然に咲いていましたよ。

粕川52_ゆり

こちらは月見草ですね。

名前の通り、今はしぼんでますが夜になると咲く花です。

粕川52_月見草

これが粕川オートキャンプ場のルールです

今年、閉鎖されていた粕川オートキャンプ場が再開されてから、キャンプ場利用の注意書き看板が新しくなっていました。管理人のいない無料キャンプ場では、こういう看板がしっかり立っていることが大切だと最近はつくづく思います。

いままでに直火で焦げた地面の跡とか、ゴミを置いて帰っているのを見かけたことがありますが、これでルールもはっきりしたことですし、これからはそんなことが無くなるといいですね。

粕川52_看板

キャンプ場の入り口付近にある大きな看板です。

前回のキャンプでは、本当に大雨でキャンプ場から避難しましたから。(笑) これも大切です。

粕川52_看板2

ムギワラトンボは♀

下の写真はムギワラトンボです。

他にも赤トンボがたくさん飛んでいるのを見かけました。カメラのAFが遅いので、どうしても飛んでいるトンボは写真に撮れないのですよね。(-_-)zzz

そういえば、何故か今回のキャンプでは赤トンボがどこかにじっととまっている姿を見ませんでした。不思議ですね。こういうロープにとまっている写真を撮れるのはシオカラか、ムギワラでした。

粕川52_ムギワラトンボ

「山と食欲と私」これはおすすめです!

もうそろそろお昼です。

「山と食欲と私」の第8巻を、やっと読み終えました。( `ー´)ノ

今回も楽しいお話ばかりでしたね。山歩きや単独行動がお好きな方におススメですよ。

この後テントを撤収し、13時前にはキャンプ場をあとにしました。

「あぁ~、とうとう夏休みが終わっちゃたなぁー。」

粕川52_山と食欲と私8

今回のキャンプ日記も最後までお読みいただきありがとうございました。

運よく今回は良い気候でした。もし次の週末に台風がやってこなければですが、また涼しくて気持ちいいキャンプができるのではないかと思っているのですが・・・。

あと、そろそろ夜になると気温が下がるので、長袖とか長ズボンとが持っていた方が良いです。

出来れば、焚き火の準備もしておきたいですね。(^_-)-☆

それでは、今回はこのへんで。

明日もキャンプに行きたいっ!

→初めの記事「初秋の風吹く粕川オートキャンプ場にて」に戻る。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事