前回の記事「キャンプでニトリのNクールを使うのはそろそろ最後かな」の続きです。

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある粕川オートキャンプ場 2018年8月19日(日)の朝。

スポンサーリンク

まだ夏休みボケでしたがキャンプの朝は早起き出来ました

おはようございます。(^^ゞ

朝5:00を少しまわったころに起床して、テントの外に這い出てきました。

冷たい気持ちのよい風がキャンプ場を吹き抜けています。

周りの方のテントからは物音はしても、まだテントの外に出ている方は見かけません。

こんなに早起きをした理由は、もちろん朝日を見るためです。(^^)

本日の揖斐川町の日の出時刻はAM5:15です。

あと5分くらいですね。

テント前の椅子に座ってしばらくボーッとしながら、その時間をただまちます。

粕川52_朝のサイト

目の前にアオサギが舞い降りた

この季節、河原は人間の遊び場になるので、警戒して野鳥はなかなかやってこないのですが、まだ人影もないキャンプ場前の河原にアオサギが一羽降りてきました。

粕川52_アオサギ

何をしているのかと思い、パパーマンがカメラの望遠レンズでアオサギの様子を覗いていたら、アオサギの方も見られていることに感づいたのか? しばらくキョロキョロして落ち着かない様子でしたが、何もしないまままた飛び立ってしまいました。

野鳥って人間の”気”にはとても敏感ですね。

粕川52_アオサギ2

スポンサーリンク

夜明け前の粕川オートキャンプ場

薄明の空。

実際には太陽が上がる方角に山があるので、日の出時刻を少し過ぎないと太陽は上ってきません。

うーん、でももうそろそろかな。

粕川52_夜明け前

いよいよ、お日様が顔を出しました。

東の空がいい感じに焼けています。

粕川52_朝日1

あれ、雲に隠れちゃった?

いつもは、まだ寝ている時間です。

キャンプにでも来ないと日の出も見られないので、今日は朝から得した気分です。

粕川52_朝日2

キャンプの朝は二度寝をきめこみます

さて、またテントに戻って寝ることにしましょう。(*^-^*)

粕川52_チェア

それでは、今回はこのへんで。

続きは次回「これで夏休み最後のキャンプが終わりました」の記事をどうぞ。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事