CPX6 LEDクラシックランプ
コールマンのクラシックランプを楽しむ

2020年3月14日(土)から3月15日(日)の一泊二日で岐阜県揖斐郡揖斐川町の粕川オートキャンプ場にソロキャンプに行ってきました。

3週連続の粕川オートキャンプ場泊。今回で今年11泊目のキャンプとなります。

土曜日は16:30頃に粕川オートキャンプ場に到着しました。

今週は土曜日の夜には雨が降らない予報だったせいか、それとも季節が春になったせいなのか?先週よりずっと人が増えていて、オートサイトは既に一杯になっており、フリーサイトにテントを張っています。

実は今日は昼少し過ぎまで自宅付近で雨が降っていました。同じころ粕川でもかなり雨が降っていたらしく、キャンプ場の水はけの悪いところは地面がドロドロになっていました。

このところ、週末によく雨が降りますね。

僕がテントを張った場所は、ちょうど2m×2mくらいの面積だけ雨に濡れた気配が無かったところです。

これはきっと、雨が上がってからここにテントを張っていたソロキャンパーの方が撤収していった跡だったと想像します。

テント設営完了

下の写真はショウネンテントの中です。設営を終えて、ピーナツ食べながら小休憩。

もし本日の夜が寒かったら、ポータブル電源+電気毛布を使ってやろうと思っていましたが、今日は暖かいのでその出番は無さそうです。

テーブル

スポンサーリンク

フュアーハンドランタン 276で夜への備え

夜に備えて、いつもの手順でフュアーハンドランタン 276 に点灯しました。

あとで写真をよく見ると、ガラスホヤが上下逆だった。(笑)

いつも、このランタンの風で揺れる炎を見て癒されています。

ランタン点火

先ほどまで今日は暖かいと思っていたのですが、日が暮れてくると風は吹いてくるし、やはり寒い。

本日のキャンプ場には焚き火の灯りがたくさん見ることが出来ました。

 

夜になる目のキャンプ場

今夜のキャンプはラジオ解禁で楽しむ

今日は隣のテントまでの距離があるので、TECSUNの中華ラジオをつけて聞いていました。

昔は寒い季節にはこのキャンプ場には人がほとんど居なかったので誰にも気兼ねせずにラジオを聞けたものですが、この頃はキャンプ場に人が増えたのでラジオの音を出す機会はほとんど無かったのです。

ソロキャンプとラジオは相性がいい組み合わせだと思うのですが、現実にはそう上手くはいかないわけですね。

それにしても久しぶりにラジオを使おうとすると、使い方をかなり忘れてるなー。昔のラジオはもっとわかりやすかったのに、このラジオはボタンが多すぎておっさんには難しい。

ラジオ

スポンサーリンク

コールマンのCPX6 LEDクラシックランプの優しいい灯りを楽しむ

このランプは、すでに廃番になっていますがコールマンのCPX6 LEDクラシックランプです。

久しぶりにキャンプにコイツを持ってきましたよ。

これでテント内の照明は全てLED化されました。

最近、ベアボーンズのレイルロードランプLEDが発売されましたが、実はあれが欲しくてたまらないのです。

なのでこのランプを使って、なんとか我慢しようかと。

このフロストの傘を持つこのランタンも、雰囲気がなかなかいいランタンです。

でもいつかこの場所に、レイルロードランタンが置かれていたら笑ってやってください。(#^.^#)

CPX6 LEDクラシックランプ01

トランギアのケトルとローズヒップティー

トランギアのケトル 0.6Lでお湯を沸かします。

最近はユニフレームのごはんクッカープラスというコッヘルセットを使っていますが、このケトルはメーカーが違うけどこのコッヘルの中にピッタリと納まってくれる便利な奴です。

お湯を沸かす

赤いローズヒップティーをいただきました。酸っぱいですね。

ローズヒップティー

ソロキャンプの夜

今日のキャンプ場は静かでいい夜です。

ソロキャンプの夜の楽しみはまだこれから。

夜はこれから

それでは、今回はこのへんで。

この続きは次回の記事「6インチスーパーディープと焚き火で楽しむソロキャンプの夜」をどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事