前回の記事「シングルバーナ―でフッ素加工のフライパンを焦がさないように」の続きです。

愛知県犬山市にある桃太郎公園 栗栖園地キャンプ場 2018年3月26日(月)の夜。

スポンサーリンク

一杯のコーヒーを淹れるまで

夕食の後でコーヒーを飲みたくなり、ケトルでお湯を沸かそうとSOTOのST-310にトランギアの小さなケトルをのせて着火装置のレバーを押し下げます。

すると、アウトドア用に作られたST-310はシングルバーナとはいっても、ゴォォォーッという唸り声のような燃焼音とともに青い炎をあげました。いつも使っているカセットガスコンロのおとなしい炎とはちがって、ST-310はその見た目によらずアウトドア道具らしい迫力を感じさせてくれます。

桃太郎11_お湯を沸かす月曜夜

ユニフレームのコーヒーバネットにペーパーフィルターをセットし、そこにコーヒー粉を適量入れてやります。そしてドリップを行う前に落ち着いてコーヒー粉の上面を平らにならし、人差し指で中心にグリグリと穴をあけてやるのです。

このあとの蒸らし工程でこの穴が役に立っている気がするのですが、実際は役に立っていないかもしれません。こだわりというような決して大げさなものではなく、こういう儀式的にも似た工程は何か余計なことを考えている間に出来てしまうものかもしれません。

桃太郎11_コーヒー粉の穴

それでは、コーヒーをいただきます。(#^.^#)

桃太郎11_コーヒーいただき

ハイマウントのキャンドルランタンに火をつけてやります。このランタンを使うのはテーブルの上の雰囲気作りのためだと言ってもいいです。なくても困らない灯りではあります。

桃太郎11_キャンドルランタン

まだ夜は寒く灯油ストーブが必要です

夜も更けてくると、今夜もやはり寒さを感じて灯油ストーブに着火しました。このアルパカは、コンパクトなタイプですが、それでも満タンにしておけば2晩までは灯油がもちます。

桃太郎11_月曜日のアルパカ

スポンサーリンク

今夜はG-ランプ STG-22を初投入

下の写真は今回のキャンプではじめて使うSOTOのG'Z G-ランプ STG-22です。このランタンは2000円を切る低価格なのに、デザイン性も妥協がなく、CB缶からのガス燃料注入やらでかなり遊べそうな予感。

もちろんキャンドルランタンと同様に、明るさに期待してはいけません。

今夜はマントルを使わず、キャンドルランタンモードで STG-22を点灯しています。

桃太郎11_Gランプ

テント内の照明を消し、G-ランプとキャンドルランタンの2つをつけたまま寝ることにしました。このG-ランプは燃焼時間が短いので、そのうちに燃料切れで消えてしまうことでしょう。

それにしても怪しい灯りですね。(笑)

桃太郎11_Gランプ2

それでは、今回はこのへんで。

続きは次回「栗栖園地キャンプ場 緑の芽吹きに癒されて」の記事をどうぞ。

おやすみなさい。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事