スポンサーリンク

ポールのどこが折れたのだろうか

以前書いた記事「ムササビウイングの小川張り 強風のキャンプ場で気づいた問題」では、小川張りで使っているポールが強風で変形してしまったことを問題として書きました。

結局、直後のキャンプ日記、「粕川オートキャンプ場(2016.4.16)強風でムササビウイングのポールが折れる!」 で書いた通り、変形への対策が間に合わず、このキャンプで突風が吹いてついにポッキリとポールが折れてしまいました。

キャンプ場では写真を撮る余裕もなかったの、で自宅に帰ってから落ち着いてポールを観察してみると・・・

折れたポール01

思った通りなのですが、3段階に伸縮するポールの、一番先端のポール部(ここが一番細くて弱い)の根元から折れていました。これは、以前から変形していた箇所と一致しています。構造的には、ここに負担がかかるので分かりやすい折れ方でした。

折れたポール02

次に購入するタープポールは何がいいのだろうか?

小川張りにすると、ムササビウイングの様な小さなタープでも強風時には結構メインポールに力がかかるみたいなので、やはり伸縮式のポールは避けたほうがよさそうです。

今度買う時は、長さ240cmのアルミ製の継ぎ式極太ポールにしようかと思っています。

一度折れたわけだから、次回はこだわりの道具になりますね。でもタープ用のポールにお金をかけるのって、かなりマニアックな世界に入った感じがしないではありません。結構お金もかかるし。

折れたポール03

スポンサーリンク

そして妄想の世界へ

限界が分かったので、今度こそ失敗しない様に装備の強化に努めなければ・・・

と、また懲りずにどのメーカーのポールがいいかと妄想を広げるパパーマン(笑)。

ところで、はじめからポールについていたポールエンドロックですが、このパーツは便利に使っていたので、次期主力ポールへ引き継ぐことにしよう!

こちらの関連記事もどうぞ。

それでは、今回はこのへんで。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事