スポンサーリンク

2018年もよろしくお願いします。

みなさん、あけましておめでとうございます。
今年もパパーマン家と、このブログ「明日もキャンプに行きたいっ!」をよろしくお願いします。

今年は暖かい正月だったような気がしますが、みなさんは、お正月を穏やかにすごされたでしょうか。僕はといえば、今日まで実家のある岡山に家族で帰省をしていました。

最近の我が家は、実家での正月の楽しみ方がワンパターンになりつつあります。なので、なにか変わった楽しみがないかと常に探していたのです。

そんな中、今年は母親から、「元旦にはホウチョウがあるから。」といわれました。

「ホウチョウって、包丁? 何それ。」

聞くところによると、どうやら後楽園が無料で開放されて、園内で丹頂鶴を放鳥するらしいのです。正月にツルを見るのは縁起もいいものですから、妹夫婦と一緒に見に行くことにしました。

ツルの放鳥01

実物のタンチョウヅルは迫力があるのです

タンチョウヅルを放鳥する時間になると、園内の通路は訪れたお客さんでいっぱいになっていました。カメラで撮影されている方も多くて、この催しは人気のようでした。

ツルの放鳥02

2羽のタンチョウヅルが放鳥されました。タンチョウヅルというのは体が大きいので、こうして人と一緒に歩いていると、「鳥」って感じではないですね。なんだか「大型の動物」の様です。

ツルの放鳥04

パパーマンのすぐ近くまでやってきました。芝の中に餌の虫でもいるのか?ずっと口ばしで地面をつついていました。

ツルの放鳥03

スポンサーリンク

タンチョウヅル飛翔する

そろそろ飛ぶようです。
係員の方がツルの横に立って、「ギャア」というツルの鳴き声を真似すると2羽のタンチョウヅルが助走をはじめました。

ツルの放鳥05

羽をはばたかせながら走ります。実際に見ていると迫力満点でしたよ。

ツルの放鳥06

とても大きな羽ですね。

ツルの放鳥07

地面から足が離れました。

ツルの放鳥08

2羽が同時に飛翔します。

ツルの放鳥09

旋回をはじめます。

ツルの放鳥10

これは正月から良いものを見せていただきました。やはり近所の公園いるダイサギとは飛ぶ時の迫力が違いますね。(笑)

パパーマンは北海道で見た野生のタンチョウヅルを思い出しましたよ。でもこんな近くで飛ぶ姿は見られなかったので、今日は興味深かったです。

ツルの放鳥11

それでは、今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事