スポンサーリンク

”しらす”と”ちりめんじゃこ”の違い

前回の記事「粕川オートキャンプ場 ご飯が炊けるのを待つ時間」の続きです。

9月24日(土)、夜の8時半になりました。

「つや姫」がやっと炊けました。さっそくいただきます。食べてみると、ちょっとやわらかめでした。家の炊飯器で炊いた時は、もっと柔らかかったので、そんなお米なのかもしれません。

準備してきた「しらす」と「生卵」をかけて、しらすたまごかけご飯にしました。これ、最高です。凝ったアウトドア料理よりも、こういう食べ物が美味しいですね。

こんな料理を考えた日本人は偉いと思いながら・・・続けてシェラカプに4杯くらい食べました。(笑)

ところで岡山で育ったパパーマンは、しらすというものを知りませんでした。こういうのは、全部ちりめんじゃこと呼んでいましたね。

しらすを知ったのは東京で就職してからです。それまでちりめんじゃこと呼んでいた物の中で、しらすはやわらかいちりめんじゃこのことなんだと知りましたよ。

粕川27_しらすごはん

メインディッシュはステーキ

今夜のメインディッシュとして、ステーキ肉を買ってきましたよ。実はパパーマン、ここ1か月ほどキャンプで肉を食べるのを控えていたのです。

それというのも1か月半くらい前に検便をしたところ、なんと大腸がん検診を受けることになってしまったので摂生に努めていたわけなのです。

先週、内視鏡検査をしたところ問題なしとの結果を受けて、やっとお肉が解禁となりました。

粕川27_ステーキ肉

スポンサーリンク

スキレット登場

肉といえば、やはりスキレットです。久しぶりにキャプテンスタッグ製の肉厚スキレットを持ってきました。肉はスキレットで焼くと、不思議と美味しくなりますから。

粕川27_ステーキ

味付けはクレイジーソルトで。ご飯も2合を食べきったし、とううとうお腹いっぱいになりました。

粕川27_クレイジーソルト

コットンのタープの風合いが素敵

タープの生地はコットンです。この白色は、紙のようなやわらかい風合いで目に優しい色でした。

寝る前に見ると、いい雰囲気です。

それでは、そろそろテントに入って寝るとします。

明日は、スッキリ晴れるといいですが。

粕川27_タープの色

それでは、また。

おやすみなさい。

この続きは次回「粕川オートキャンプ場 テントと赤い花」の記事をどうぞ。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事