スポンサーリンク

クーラーボックスの盗難防止にはステッカーが効く

前回の記事「キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーボックスがおすすめ 中編」では釣り用クーラーの断熱材の厚さと、メンテナンス性の高さについてお話ししました。

パパーマンが使用している、このダイワのクーラーボックス RX SU X 2600Xですが、正面についているダイワの大きなロゴマークがあまり好きではありません。

なんといっても、ひと目で釣り用ってわかりますから。ですので、これに代わる何かいいステーッカーは無いかと思案中なのです・・・。

例えば、コールマンロゴの大きいステッカーとか

きっとスノーピークは似合わないと思うので、CHUMSとかどうかなって考えています。
クーラボックスには似合っていても、使っている人には似合わないといわれそうですが。

そうそう、釣り用のクーラーボックスって何か目立つステッカーを貼っておくと盗まれにくいと聞いたことがあります。

だからパパーマンは、釣り用のクーラーにガルヴィのステッカーを貼っていますよ。キャンプでも盗難防止効果はあると思いますので、そういった意味でも何か代わりのステッカーがを探しているわけです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 2600X13

さて余談が長くなりすぎましたが、今回はこのRX SU X 2600Xを実際に使ってみた状況を紹介します。

やはり26Lのクーラーボックスって、ソロキャンプでは大きすぎるのじゃないかって、みなさん思いますよね。ですので、この記事がクーラーボックスのサイズを考える際の参考になればよいと思います。

実際に26Lサイズの RX SU X 2600Xをソロキャンプで使ってみたら

こちらは、1泊二日のキャンプでの食材を入れたところです。この時は結構入っている様です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 2600X17

どんどんいきましょう。これも1泊二日です。2Lペットボトルに、コロッケ、そして蒲焼きが・・・。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 2600X11

こちらも一泊二日です。おお、こちらにも蒲焼きがっ・・・。

夏バテで食欲が無くなったせいなのか(笑)

この時はクーラーボックス内部にだいぶ余裕を感じますね。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 2600X04

最後に、こちらは2泊3日のキャンプでの状況です。途中で食材を買えない状況だったので、結構食材を買っていますね。こちらは2Lペットボトルを2本入れています。サイズ的には、ちょうどピッタリといったところですね。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 2600X16

容量が26LのRX SU X 2600Xを1年間使ってみて、ソロキャンプの1泊二日では正直言ってやはり少し大きめかなと思います。2Lのペットボトルを立てた状態で入れることにこだわらなければ、21L、22Lくらいがいい感じかなと思いますね。

ただ、こういうものは大は小を兼ねますので、大きすぎて困ったということは一回もありません。このくらい大きめな方が、もしかの時の心の余裕にもつながるので、逆にいいかもと思って使っていますよ。

さて、参考になったでしょうか。

それでは、また。

初めの記事「キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーボックスがおすすめ 前編」に戻る。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事