スポンサーリンク

生まれかわったカメラのレンズで撮ってます

8月29日(水)の夕方、近所の公園へ散歩に行ってきました。

このブログの写真は1年くらい前からPENTAXのKPというAPS-Cの一眼レフ機を使って撮っています。最近、このカメラとセットで鳥や虫撮りによく使っていた望遠レンズ(HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE)をメーカーにピント調整に出していたのですが、やっとて返ってきたので早速使ってみたら、ピントがよく合うのでびっくりしました。

どうやら後ピンだったようですが、こんなに見違えるとは思いませんでした。この日に修理から返ってきて初めて撮影したのですが、ピントのあうカメラは気持ちいいものです。(当たり前ですけど。)

この季節になると近所の公園の小川ではハグロトンボをたくさん見ることが出来ます。

黒くて薄いハグロトンボの翅は、サングラスの様に透き通って見えて美しいです。

公園で写真42_ハグロトンボ01

夏の終わりのハグロトンボ

日が暮れて、だいぶあたりが薄暗くなってきました。そんな水辺の上をひらひらと飛んでいるハグロトンボの姿は、まるで墨絵の様です。

飛んでいるハグロトンボが水面に映っている・・・

公園で写真42_ハグロトンボ02

と思ったら。

写真ではそんな風に見えたかもしれませんが、ハグロトンボ同士が追いかけっこしているだけでした。(^^ゞ

この時期はオスがメスの奪い合いをしているようですね。

公園で写真42_ハグロトンボ03

この胴体がメタリックグリーンに光り輝くハグロトンボの方がオスなんです。やっぱりオスの方が綺麗ですね。

公園で写真42_ハグロトンボ04

続いてムギワラトンボさんです。

トンボの仲間ではいつも昆虫界最速のギンヤンマが池の周りをずっと回っているのですが、毎回同じルートを周回しているにもかかわらず、待ち伏せをしてカメラで撮影するとなるとパパーマンの腕では今のところ無理なんです。

公園で写真42_ムギワラトンボ

スポンサーリンク

セセリチョウの仲間は種類が多い

こちらはセセリチョウ。

セセリチョウは花などにとまると、写真の様に三角形にみえる小さな蝶です。

セセリチョウには何種類か種類がありますが、翅についている小さな白い斑点の並び方で見分けるようですね。写真はイチモンジセセリです。

公園で写真42_イチモンジセセリ

さて、精霊蝗虫がいるの分かりますか?

最後に、バッタ君です。

ショウリョウバッタがどこにいるか、5秒以内に見つけてください!(?_?)

公園で写真42_ショウリョウバッタ

それでは、今回はこのへんで。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事