スポンサーリンク

ユニフレームUS-1900 キャンプ道具は見た目が肝心です

今回はユニフレームのツインバーナーUS-1900を紹介します。

ユニフレームには何年もの間ずっと同じデザインで売り続けられている定番商品がいくつもあるのですが、このUS-1900もそのユニフレームの定番商品の一つで人気商品です。

年式にってカラーリングが変更されたりしていますが、基本性能はずっと同じです。

わが家がUS-1900を選んだ訳とは

我が家がファミリーキャンプをはじめた頃の話から。

当時はまだ「ユニフレーム」の名前を聞いても、正直言ってどんなメーカなのかピンときていなかったのですが、ともかく初めてキャンプへ行く時にはツインバーナー(ツーバーナー)が必要だと、アウトドア雑誌などを読んで思い込んでいたんだと思います。

こんばんは、パパーマンです。

当時、キャンプ道具一式を揃える為にアウトドア用品店で見つけ、とにかく一目ぼれで買ったのが、このユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 でした。

価格は少し高かったけどアルミケースの高級な質感が素敵でした。もうUS-1900しか目に入らなかったので、価格の部分については頑張りましたよ。(; ・`д・´)

それ以来、このツインバーナーUS-1900をファミリーキャンプではずっと使っているので、今回はこのUS-1900の良いところも悪いところもかくさず書きたいと思います。

US-1900の外観を見てみましょう

それでは、まず外観から見ていきましょう。本体は無機質なアルミ製です。この何も塗装してないところが格好いいと思います。感じ方は人それぞれですが、この手のツーバーナのデザインの中では、このUS-1900の見た目が一番素敵だと思うのですよ。

またUS-1900はケースをがアルミ製なので軽く(3.9kg)、持ち運びが楽なところも気に入っています。

ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 その1

CB缶を使ったツーバーナーというカテゴリーでの対抗馬はSOTOのST-525になると思います。性能は別としてデザイン的にはUS-1900に比べST-525は少し野暮ったい感じがしてしまいます。(これは個人の感想です)きっとSOTOはバーナー屋さんだけあって、2本のボンベからガスを同時供給するガスシンクロナスシステムという機能を売りにしているのだと思います。

細部までよく考えられているUS-1900の設計

次は風防を見てみましょう。

大きな風防が風を遮ってくれる

US-1900の風防部分は大きくて、風を遮る効果は十分です。実際に使ってみると、この大きな風防がいい仕事してくれることが分かります。キャンプでカセットガスコンロを使う時の一番のデメリットは、この様な大きな風防がないことです。その分、US-1900はアウトドア用に考えぬかれた商品なんだと思います。

大型の五徳は鍋のサイズや形状を選ばない

またカセットガスコンロと比べて、US-1900の大きな五徳は鍋やケトルの大きさ、形状を選ばず安定して載せることが出来るので使い勝手が良いですね。カセットガスコンロの五徳だと、キャンプで使用するような小さめのコッヘルはサイズが小さすぎるので、安定して載せられないことが時々ありますから。

ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 その7

汁受けは腐食に強いステンレス製

US-1900の五徳の下の汁受けの部分ですが、ここは腐食に強いステンレス製になっています。

汁受けには斜めに傾斜がついていて、例えば炊飯中にご飯の汁が落ちても受けの前面に集まるので、後で拭き取るのが楽なのです。細かいところですが、こういう気配りはユーザーにとっては嬉しいポイントですね。

ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 その3

自動点火装置は、バーナ毎についています。

火力は岩谷最高熱量のカセットコンロ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41を超える

ツマミは全開で3,900kcal/h(プレミアムガス使用時)です。以前紹介したイワタニの最強カセットコンロ、 カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41の3,500kcal/hを、数値上はなんと上回ります。

でも使った感じでは、カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41の火力の方がUS-1900よりも強力なのですよ。(笑) あくまで、これは感覚的な話しですが。

なので、US-1900は数字通りの火力を期待して購入すると期待外れになるかもしれません。だけど、そもそも火力としてはキャンプでは十分な能力を持っていますので、実質はあまり気にしなくて良いポイントだと思います。

ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 その2

CB缶取り付けは差し込むだけの簡単操作

次は裏側のカセットガス取り付け部分です。

US-1900のカセットガスの取り付けは非常に簡単で、慣れれば差込口を見なくても手探りでガスボンベをセット出来ますよ。

ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 その4

スポンサーリンク

US-1900のドロップダウンとその対策

US-1900にはドロップダウンを防止する銅製のパワーブースター(加温器)を搭載しています。

この銅製の大きなブースターをみて、US-1900はきっと寒さにとても強いのだろうと考え購入を検討されている方が多いのではないかと思います。ところが使ってみると、見た目に反して寒くなればドロップダウンという、火力が弱くなる現象をおこします。

最近のキャンプでもドロップダウンを起こし、最後までガスを使い切ろうとすると火力が小さくなった状態でずっと使い続けなければならい状態になったりしました。特に炊飯をする時などは火力を最大にする場面が必要になりますので、火力が上がらないと炊き加減が変わってきてごはんの出来上がりに影響が出てしまいます。

レギュラーガスとプレミアムガス燃料

ここで、燃料の話を少しだけ。

パパーマンは、燃料としてCB缶を主に使っています。OD缶より安価でホワイトガソリンより扱いやすいのがCB缶のメリットですが、このCB缶を燃料として使う限りドロップダウンという問題は機種によって程度の差こそあるものの、冬キャンプをすれば必ずといっていいほどつきまとうものです。

ではドロップダウン対策が無いかといえば、そんなことはありません。ユニフレームではプレミアムガスという寒冷地用のガスを扱っているので、ドロップダウンが起きるような環境であればこのプレミアムガスを使えば問題は解決できます。

↓ユニフレームのプレミアムガスは、このようなタイプです。

この寒冷地用のガスを使うデメリットはレギュラーガスのCB缶に比べるとランニングコストが高いことですね。そこで、こちらの記事のリンクを貼っておきますので寒冷地用のガスの価格が気になる方は参考にしてみてください。

キャンプをされるほとんどの方はドロップダウンが起きるような寒い季節ばかりでキャンプをされないと思いますので、この点については必ずしもUS-1900のデメリットにはならないと思います。(^_^) 購入の際には、ご自身のキャンプスタイルと照らしあわせて評価するといいと思います。

ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 その5

US-1900の収納にはユニフレーム LTトートMサイズがおすすめ

収納ですが、US-1900の収納は同じユニフレームの LTトート Mサイズがジャストサイズです。

このトートバックは、さすがユニフレーム製だけあってしっかりしていますよ。ツインバーナーUS-1900を購入したならば、このLTトートも同時に購入することをお勧めします。

ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 その6

 

ユニフレーム ツインバーナーUS-1900まとめ

以上、ユニフレームのツインバーナーUS-1900の紹介でした。あくまでもパパーマンが使ってみた所感をもとに書いてみました。デザインが気に入って購入しましたが、使ってみると随所に気を配られて設計されているのを感じ、とても良い買いものをしたと感じています。

実はパパーマン家は同じユニフレームのキッチンスタンド(旧式ですが)を所有していて、ファミリーキャンプの時にはUS-1900と組み合わせて使っています。大きなキッチンスタンドをキャンプ場で組み立てるのも結構面白いもので、この2つはお気に入りの組み合わせです。

ツインバーナーUS-1900は買って後悔しない道具ですよ。安い買い物では無いし一度買うとずっと使える道具だけに、この記事がキャンプ道具選びをしている皆様の参考になればと思っています。

それでは、今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事