スポンサーリンク

久しぶりに炭を熾す

前回の記事「キャンプの照明に使うキャンドルの本数を増殖させて明るくみせる方法とは」の続きです。

粕川オートキャンプ場 6月3日(土)の夜です。 久しぶりにロゴスのピラミッドグリルコンパクトに炭を入れ、火をおこしています。

今日は家を出る前にイオンの食品売り場で買い物をしたのですが、アユが串に刺された状態で売られていたので、これはBBQに良いなと思い買ってきました。あと、おまけでサザエも購入しましたよ。

今回のユニツアー3の前室はとても狭いので、炎が大きくならないように、また火の粉が飛ばないように用心しながら火おこしをしていました。そんな時に限って、なかなか炭に火がついてくれません。(笑)

粕川46_火おこし

炭が白くなってきたので、そろそろ大丈夫ですね。

粕川46_炭出来た

アユとサザエを焼きますよ

まず、アユを焼いています。炭に対して鮎が大きいわけで(笑)、少しづつアユをずらしながら全体を焼いていきます。

粕川46_アユ焼き中

ちまちまとアユを焼きながら、夜が更けていきます。

粕川46_アユを焼いているところ正面から

ごはんクッカーのごはんも吹き上がりました。ここから弱火で14分まちます。

粕川46_ごはん炊ける

ごはんは、もちろん卵かけごはんで食べます。

粕川46_卵かけごはん

そしてサザエも焼きます。フジツボのたくさんついた不格好なサザエです。

粕川46_さざえ

さざえがなかなか焼けないので、お腹がいっぱいになってきましたよ。

粕川46_正面より

スポンサーリンク

前室を閉じてマッタリと

寒くなってきたので前室を閉じてまったりとしています。

ここからは本を読んだり、ラジオを聴いたりして、ゆっくりと時間が過ぎていきました。

もちろんサザエも食べましたよ。(笑)

粕川46_ゆっくりと

今回は、このへんで。

続きは次回「不思議な白い葉をつける木の正体はあのマタタビ」の記事をどうぞ。

おやすみなさい。

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事