冬空の下で焼きイモと湯豆腐を作って食べた野営ソロキャンプ
12月の夜は氷点下の野営地

こんにちは、ochanです。

今回は氷点下の野営地を楽しんだソロキャンプのお話です。

12月後半になり、野営地の木の葉もすっかり落ちて冬の寒景色に一気に変わりました。

そんな季節の変化を愉しむのもソロキャンプの醍醐味だと思うのですが、これからだんだんと寒くなるのでしっかり寒さ対策を考えていく必要もあります。

土曜は日が暮れてしばらくすると、もう気温が氷点下になっていました。

この日は今年のキャンプで一番の寒さ。

でも薪を2束持ってきてファイヤーディスクでどんどん燃やしていたので、寒さはほとんど感じることがなかったです。

ただ寝ていると朝方になって寒さを感じてしまい熟睡はできませんでした。

そろそろ寝る時は毛布一枚くらい増やしたほうがいいのかも。

それでは、今回は冬空の下で焼きイモと湯豆腐を作って食べた野営地ソロキャンプのお話をします。

最後までごゆっくりとどうぞ。

ファイヤーディスクで暖まる冬キャンプの夜

2021年12月18日(土)19日(日)の一泊二日で、某所野営地でソロキャンプをしてきました。(この場所は野営の許可をもらっていますが秘密にしたいと思います。ご了承ください。)

今回で今年通算49泊目のキャンプとなります。

野営地には17時少し前に到着。

今日は到着がかなり遅くなりました。

おかげで、テントの設営が終わるこるには日が暮れかけていました。

この日の野営地では、mairaさん、ツカさん、ヤロロイさん、ハリオさん、JIJIKOさんの5人とお会いすることが出来ました。

夜になると帰って行かれる方もいましたが、夕方は結構賑やかな野営地になり楽しませていただきましたよ。

焚き火開始

本日使っているテントはGOGlampingのパップテント。

冬の枯れた景色によく似合うカーキ色の幕がカッコいいです。

W反射板

月が良い感じで出ています。

夜深明月孤

月夜

湯豆腐を作って食べよう

この時、すでに気温はマイナスになっています。

今日は寒い日ですね。

そんなわけで、今夜は温かい湯豆腐を作っていこうと思います。

湯豆腐の夜

今年はこのユニフレームの焚き火鍋が活躍しました。

焚き火で使うのにぴったりの鍋です。

湯豆腐製作中

焚火鍋18cmの紹介記事はこちらです。

ネギとしめじ、そしてお豆腐だけのシンプルな湯豆腐が出来ました。

湯豆腐完成

味ぽんでいただきますよ。

湯豆腐いただきます

豆腐一丁食べ終わるころには体もかなり暖まって、お腹も満たされてきました。

耐熱テーブル

焚き火へ特大のサツマイモを投入する

本日の主食はこのサツマイモです。

スーパーで150円で売ってましたよ。

けっこうデカいでしょ。

サツマイモ

さつまいもは100℃で加熱すると甘くなると聞いたので、まずキッチンペーパーを巻き付けて濡らしてやります。

キッチンペーパー

それからアルミホイルを2重に巻き付ければ、これで準備は完了です。

アルミホイル

サツマイモを焚き火の中に入れたら、ときどき天地をひっくり返してやります。

ナイフで刺してやって、ズブっと入るようになれば焼き芋の完成です。

完成までの時間は芋の太さや焚き火の火力にもよるので、この方法で確認しながら決めるのが一番ですね。

この時は25分くらい焼いてましたよ。

イモを焼く

甘くておいしく焼けました。

もう今度こそお腹いっぱいです。

焼き芋完成

寝る前の儀式

この日も日にちが変わるまで焚き火を楽しんでいました。

さて、そろそろ湯たんぽ用のお湯を沸かして寝ることにします。

湯沸かし

冬の朝の透明感

2021年12月19日(日)の野営地の朝。

日曜日は日の出前に目が覚めました。

それにしても寒い朝です。

テントの外に出てみると、水たまりがすっかり凍っていました。

凍る朝

太陽が昇ってきました。

すると少しずつ気温があがり暖かくなってきます。

夜明け

朝は暖をとるためにソロストーブに点火。

ペレット燃料を使っています。

ペレットは着火しやすいし、消えるのもはやいのでこういう時は便利に使えますね。

昨晩の薪の燃え残りも、一緒に燃やしてやりました。

朝の焚き火

ソロストーブでペレット燃料の燃やし方については次の記事をご参照下さい。

おしることポップコーン

朝ごはんにお餅を焼いています。

朝は気温が低いので、ガスコンロのボンベは寒冷地用を使ってます。

全部でお餅を4個焼きましたよ。

お餅やく

汁もあたためれば大好物のお汁粉の完成です。

いやぁ、これはうまいです。

おしるこ

それからポップコーンなどを作ったりして、少しまったりしていました。

やっぱりポップコーンは焼きたてが一番旨いですね。

ポップコーン

この日はお昼頃に撤収が完了し、家路につきました。

もうすぐ撤収

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

焼き芋がうまく焼けましたが、今までソロキャンプではダッチオーブンでイモを焼いていたのですよね。

でもアルミホイルで包んで焚き火の中で焼くのもなかなかワイルドで良いですね。

石焼き芋の販売車を止めて買ったりすることも今は無くなり、また自宅でも焼き芋をつくる機会もすっかり無くなってしまったので、こうして好きな焼き芋をキャンプで作れるというのは嬉しいかぎりです。

これは、また作ってみたいメニューになりました。

それでは今回はこのへんで。

またどこかのキャンプ地でお会いしましょう。

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事