スポンサーリンク

ソロキャンプ用のクッカーは自己満足のセットです

今回はパパーマンがソロキャンプで使っているコッヘルの組み合わせの紹介です。

パパーマンが一番最初にソロキャンプ用として購入したコッヘルが、ユニフレームのごはんクッカープラスでした。ごはんクッカープラスは炊飯専用のライスクッカーを中心に黒皮鉄板のフライパンや中鍋のアルミクッカーを組み合わせた個性的なセットで、気に入って使っていました。

このごはんクッカープラスを中心に、お茶やコーヒを入れるときに活躍するトランギアの ケトル0.6リットル TR-325をアルミクッカーの中に収納しました。

そしてライスクッカーの外側には大鍋としても使いやすいユニフレームの山フライパン深型と、そのフライパンのフタとしてステンレス製の山リッドSUSを買い足しました。

さらに、このセットに最近購入したスノーピークのスノーピーク(snow peak)のトレックチタンプレートを2枚組み合わせたものが、下の写真のクッカーセットになります。

見た目はかなり不格好ですが、使いやすいクッカーや皿を自分で選んでここまで育ててきたものですから、これは完全に自己満足のクッカーセットですね。(笑)

コッヘルセット01

ソロキャンプ用のクッカーセットの内容です

パパーマンのクッカーセットをもう一度整理すると、

  • ユニフレーム ごはんクッカープラス
  • trangia(トランギア) ケトル0.6リットル TR-325
  • ユニフレーム 山フライパン 17cm 深型
  • ユニフレーム 山リッドSUS
  • スノーピーク(snow peak) トレックチタンプレート STW002T ×2枚

となります。

下の写真の枠内のもの全部です。

コッヘルセット03

このクッカーセットですが、下の写真の通りごはんクッカープラスに付属していたメッシュの収納袋に全部おさまりますよ。

関連記事はこちら。

コッヘルセット02

それでは、このへんで。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事