スポンサーリンク

キャンプで使うピローの紹介

今回は、寝床の話の四回目ですね。 前回の記事 ソロキャンプの寝床はどうする その3 寝袋編 に続き、今回は枕(ピロー)の紹介です。

枕は寝心地に影響する最も重要なポイントですよね。

枕が変わると寝付けないと言う方も多いのじゃないでしょうか。パパーマンもその一人です。なので、積載さえ許せば自宅で使っている枕をキャンプに持っていくのも一考かもしれませんが、ここはアウトドア道具としての枕の使い方の工夫を紹介します。

サウスフィールド低反発枕

キャンプでは低反発タイプのピローを使用

パパーマンの使っている枕は、アウトドア用品店アルペンのブランドであるサウスフィールドの低反発枕です。現在、同じ製品は既に廃番になっています。

この枕は写真の通りアウトドア用だけあって、折りたためないものの大きさはコンパクトです。この枕を2個使って丁度いい高さになる様に重ねて使っています。重ね代を調整することで、高さを調整しています。

ピローはいろいろ試してみましたが、今はこの使い方に落ち着いています。因みに、このサウスフィールドの低反発枕は廃版ですが、子供用の低反発枕に近いものです。ファッションセンター「しまむら」や「ニトリ」でも、類似品が売られているのを見たことがありますよ。

それでは、今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事