スポンサーリンク

厳しい雨の中での設営からはじまるキャンプ

こんばんは、パパーマンです。

2016年2月13日(土)、14(日)の1泊2日で、いつもの粕川オートキャンプ場へソロキャンプに行ってきました。

この2週間は仕事が忙しくてずっとキャンプに行けてなかったので、今週は何があっても粕川オートキャンプ場へ行こうと決心していました。

昼に家を出る時、ミッチーに「今日は、春1番が吹くから気をつけて。」とおどされますが、そんなことは気にせずに出発します。

でも、行きがけの車の中で聞いていたラジオの天気予報でも「・・・今日は全国的に春の嵐となるでしょう。」と言っていたので、だんだん心配になってきました。

途中食材を買って、15:10に粕川に到着。早速、テントの設営にとりかかりますが、ペグを打ち始めたころに雨が降ってきました。とりあえずテントの中が、ずぶ濡れにならない様に最低限のところまで設営して車に避難します。(下の写真)

この時点で、頭から全身までずぶ濡れに。僕の少し後に隣にやってきた車の方がしばらく雨が止むのを待っていた様子でしたが、1時間ほど車の中で待機した後で帰っていきました。

「うーん、今日の天気はずっとこの調子かなぁ・・・。」

この天候の中、残りの設営を続けるのは厳しい状況になってきました。

それでは、春の嵐のキャンプのはじまりです。

粕川16_車の中

暗くなる前に設営を終わらせることにした

それから車の中で待つこと1時間。雨はずっとや降りやむ気配がありません。このまま暗くなっては困るので、仕方なく雨の中での設営を決行。

4時53分に完了しました。またもや、ずぶ濡れになりました。

粕川16_1時間以上待った

設営が終わったところ。雨の日は、やはりタープが欠かせません。タープが無いと、テントの中にこもってしまうことになりますから。

ここで気になるのは、写真の様に水たまりがテントの周りにできていること。

テントを張るときに、水たまりができない場所を選んだつもりでしたが、これは失敗です。

粕川16_テント設営完了

その後も、雨は降りやむ様子が無く、そればかりか逆に勢いを増してくるではありませんか。風向きによっては、テーブル(ZATAKU Ⅱ)の上にも雨が落ちてくるのでテーブルが濡れないように出来るだけ後ろ(テント側)に引いてやります。

タープ下の椅子に座って、濡れた頭をタオルで拭きながらホッとしていましたが、このあたりでは雨がタープをたたく音しか聞こえません。

粕川16_雨は止まず

テントの左サイドに出来ていた水たまりが、大きくなってきました。このままでは、テント内に浸水しそうです。

「この雨、早くやまないかなぁ。」

粕川16_浸水開始

スポンサーリンク

カセットコンロの風対策

お昼ご飯を今日はまだ食べてなかったので、気を取り直してセイロを取り出します。前回の粕川のキャンプでは、強風でフーボーEXの炎が簡単に消されて使い物にならず、さんざんな目にあったのです。

粕川オートキャンプ場に大寒波がやってきた その4を参照ください。

そんなわけで、カセットコンロ用の風防試作機1号を用意してきました。

試作機なので段ボール製ですが。。。(笑)

粕川16_あんまん蒸かす

最初は、井村屋のあんまんから始まります。

お腹の中に、食べ物が入って落ち着いてきました。

でもその頃には、あたりが暗くなっていました。

粕川16_あんまん完成

夜はこれからです。先ほどから、雨の勢いが変わらないのが気になります。

このままでは、テントが水没してしまうのではないかと、少し心配です。

それでは、また。

この続きは次回 春の嵐 粕川オートキャンプ場 その2 の記事をどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事