スポンサーリンク

ニトスキを買ったら、まずしなければいけないこと

さて今回はソロキャンプ道具 ニトリスキレット(通称ニトスキ)とハンドルカバーの記事に続き、早速ニトスキのシーズニングです。

鋳物品なので、使う前に錆び止め塗料をシーズニングでとらないとね。

ニトリスキシーズニング01

ニトスキについていたシーズニングの手順

ニトリのスキレット鍋についていた説明書ではご使用前に、さび止めの油が塗られていますので食器用洗剤で十分洗ってください。食用油を少量入れて、弱火で5分加熱してください。

とあります。

今回は基本的に、この手順で進めていきます。

1.まずは、洗剤でゴシゴシ洗います。

そして、水ですすいでやります。

ニトリスキシーズニング02

2.コンロで水を蒸発させ乾燥させます。

家の台所はIHクッキングヒーターなので、場所を屋外に移動しカセットガスコンロを置いて使いました。シーズニング中は、結構けむりが出ますので屋外は都合が良いです。作業中は周りの安全をよく確認し、火事にも気をつけましょう。

ニトリスキシーズニング03

3.油をスキレット全体に塗ります。

オリーブオイルをニトスキ全体に塗ってください。ハンドルや、スキレット裏面など残さず塗ってください。

ニトリスキシーズニング04

4.コンロにかけまんべんなく焼いていきます。

弱火から中火にして、ニトスキを焼いていきます。コンロにかけて、しばらくするとモウモウと煙が出てきます。かなりの量が出ますよ。

ニトリスキシーズニング05
ニトリスキシーズニング06

裏面や、ハンドル部分も焼いていってください。やけどには気を付けて。

ニトリスキシーズニング07

油を塗ってコンロで焼く作業を、今回は念を入れて2回くり返しました。

5.くず野菜をいためる。

油を大さじ一杯いれて、くず野菜をいためます。くず野菜は野菜のヘタや、むいた皮とか、捨てる部分でOKです。

野菜をいためることで、スキレットに油をなじませると同時に金属臭さを取り除くことが出来ます。

ニトリスキシーズニング08

スポンサーリンク

保管前にはオリーブオイルを必ず塗る

作業が終わったら、ニトスキがさめたら最後にオリーブオイルをまんべんなく塗りましょう。保管時は新聞紙でくるんでおくといいです

スキレットは鉄なので、錆には弱いです。

これで次回のキャンプでニトスキがキャンプ場で使えるようになりました。

今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事