ユニフレームのスティックターボⅡ
ユニフレームのキャンプ用ターボ式ライターが復活!

今回はユニフレームのスティックターボⅡの紹介をします。

スティックターボⅡはキャンプなどの屋外で使うことを想定したガスライターです。

強力な火力のターボ式ライターなので、風が吹く環境下で使っても火が消えにくいのが特徴です。

これまでキャンプ用のターボ式ガスライターとしてはソト(SOTO)/新富士バーナー製のスライドガストーチくらいしか選択肢がなかったので、きっとSOTOのガスライターを使うキャンパーさんが圧倒的に多いものと想像します。

それが2020年2月にユニフレームのスティックターボⅡが発売されたことで、キャンパーにとってターボ式ライターの新たな選択肢が追加されたことになるので、これはありがたいことです。

それでは、新しく選択対象となったこのスティックターボⅡがどんなライターなのかじっくりとみていきましょう。

ユニフレーム スティックターボⅡ

スポンサーリンク

キャンプ用ガスライターとしての使い勝手

焚き火など屋外でライターを使う機会の多いキャンプでは風に強いライターがとても重宝します。扱いの容易なガスライターなら間違いなくターボ式が風に強く便利。

スティックターボⅡはこのターボ式ですので、アウトドア用で使うのにぴったりなライターです。

ターボライター

またライター形状はいわゆるチャッカマンのように先端が長いライターが着火源から手元が遠くなるので安全です。スティックターボⅡはライター全長で205mmもありますので、安全に使えるライターといっていいでしょう。

点火

 使っているとライター先端部分が熱くなるので、火傷に注意しましょう。

かつてユニフレームには「スティックターボ」というライターが存在した

実はユニフレームには「スティックターボ」というキャンプ用ガスライターがかつて存在しました。

僕はスティックターボを愛用していたのですが、いつのまにか廃番になってしまったのですよね。

下の写真の上が旧型のスティックターボ(まだ使えますが破損あり。お尻の黒いプラが取れています。)、下が今回ご紹介するスティックターボⅡです。

スティックターボ

僕は旧型がまだ現役だったころ、焼肉屋さんでスティックターボが使われているのを目にしたことがありますが、業務用としても使われていたということは、それだけ信頼性が高かったということですね。

新型のスティックターボⅡは旧型と雰囲気がよく似ていますが、比べると太くて短いイメージになっています。言い方を変えるとゴツくていかにも丈夫そうな感じです。

そして今回のスティックターボⅡですがユニフレームのHPによれば製品の芯に亜鉛ダイキャストを使っている様で、焼肉屋さんで使われるくらい信頼のあった旧型を、強度をもっと上げ信頼度をさらにUPしたかったのだと思います。

スポンサーリンク

ユニフレームの スティックターボⅡの仕様

それではまずスティックターボⅡの仕様をみていきましょう。

SOTOの定番ライター スライドガストーチとの比較

参考に競合するSOTOのST-480(下の写真)と比較してみました。

ソト(SOTO)のスライドガストーチの紹介記事はこちら。

スティックターボⅡ ST-480
サイズ φ16(φ27)全長209mm 幅35×奥行18×高さ110~185mm
材質 ステンレス鋼・亜鉛ダイキャスト・樹脂 (不明)
重量 140g(未充填時) 55g
充填量 約3.0g (不明)
燃焼時間 0.28g/分 約15分
使用燃料 ライター用ガス カセットガス、ライター用ガス
定価 2,900円(税込) 2,000円(税別)

スティックターボⅡはST-480に比べ金属を多用している上に全長が長いため重量がそれなりにあります。これだけでどちらが良いかとは言えませんが、スティックターボⅡを持った第一印象はずっしりと重く、使用感としてはこの重量の違いがいちばん大きいように感じます。

スティックターボⅡと富士バーナーSt-480

スティックターボⅡの燃料は市販のライター用ガス

スティックターボⅡは仕様を紹介したように燃料として使えるのがライター用ガスだけで、残念ながらカセットガスが使えません。(旧式のスティックターボはどちらも使えたのですが。)ですので、CB缶を常用するキャンパーさんにとってはST-480の方が便利ですね。

ただ、市販のライター用ガスは100均で売られているので比較的入手はしやすく、キャンプ用に1本買っておけばしばらくの間は使えるはずです。逆にキャンプでCB缶を使わないスタイルであれば、小さなライター用ガスのボンベを使う方が携行性が良くて使い勝手がよいでしょう。

ライター用ガス

ガスの充填作業自体はとても簡単。

スティックターボⅡのお尻の部分にある注入穴に、ライター用ガスボンベの先を差し込むだけです。

ライター用のガスにはライター側の穴形状に合わせた数種類のアダプターが付属していますが、そのようなアダプターを使うことなく充填できます。

スティックターボⅡにガス充填

スティックターボⅡの使い方

スティックターボⅡの操作は製品を手にしたときの親指部分に集まっています。

操作は簡単で、下の写真の赤いボタン部分を押すことでカチッと音がして着火できます。

また赤いスライド部分を上にスライドさせれば点火がロックされ、使用する際は下にスライドすれば解除できます。

 

スティックターボⅡのスイッチ

点火ボタンの下には火力の調整ダイヤルがついています。気温や標高などによって炎のサイズが変わってくるので、そんな時はこのダイヤルで調整しましょう。

スティックターボⅡの取り扱い方

オプションのレザーホルスター

2020年5月30日にユニフレームより、このスティックターボⅡ用のレザーホルスターが販売されます。

牛革性で、ベルトルーフがつているので腰へ取り付けが出来る仕様です。

色はピンク色のようです。なかなか面白いオプションですね。

 

スティックターボホルスター

まとめ

以上、スティックターボⅡの紹介でした。

SOTOのST-480は火口が伸縮できるのが特徴で、一番小さくした状態では胸元などのポケットの中に入るくらいにコンパクトになります。

一方でユニフレームのスティックターボⅡは長さが205mmあるので、ポケットに入れるには少し大きいと感じますね。きっとキャンプのテーブルの隅っこに置いておくような使い方になると思います。

SOTO製のST-480をはじめとするキャンプ用ライターと違うのは、ステンレスを多用しているので見た目に重厚感があり、使っていけばいくほど愛着が湧いてくることです。

また、耐久性についてはこれからずっと使い込んでじっくりと評価してみたいと思っています。

最後にこのスティックターボⅡですが、

機能的なデザインで道具感があるキャンプ用品が好きな方にオススメです。

キャンプ道具としてのスティックターボⅡ

それでは、今回はこのへんで。

みなさん、楽しいキャンプを!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事