ショウネンテントの朝
ショウネンテントに初めて泊まりました

前回の記事「2020年初めは伊勢志摩エバーグレイズでファミリーキャンプ 第一話」の続きです。

三重県志摩市にあるグランピングで有名な伊勢志摩エバーグレイズでのファミリーキャンプのお話、2020年1月4日(土)の朝です。

昨夜は早く寝床に着いたせいか、朝早く起きることが出来ました。

テントを一歩出ると、目の前に2020年初めての日の出の風景。

水辺が朝日で赤く染まっていました。

「ああ、よきかなー。」

この水辺の景色はアメリカのエバーグレイズ国立公園の湿地帯の景色と似ているのでしょうか?

本物をいつか見てみたいですね。

エバーグレイズの朝

スポンサーリンク

伊勢志摩エバーグレイズの朝はゆっくりと

エバーグレイズでは、朝食にフレンチトーストと、コーヒーが無料でいただけます。

なかなか起きてこなかったあっくんを無理やり起こして、家族で朝食をゆっくり食べました。

朝食の様子

本日は2泊三日の中日なので、時間がたっぷりあります。

そこで朝食後は、またテントに戻って二度寝をきめます。(笑)

こんなことが出来るのも、今回のスタイル「ファミリーソロキャンプ」ならではかもしれません。

それにしても、ぜいたくで気持ちのいい朝です。

左のショウネンテントが僕、右のパンダTCがあっくんのお宿。

ソロテント

ショウネンテントの紹介はこちらの記事をどうぞ。

ムーンライト5がミッチー奥様の宿です。

下の写真の通り、ミッチー奥様の宿だけに電気が供給されています。

これは暖かいホットカーペットの上で寝るための装備です。

昨夜はミッチー奥様、よく眠れたそうですよ。

ソロテント2

志摩でお魚の買い出しならここ

お昼から食材の買い出しへと出かけました。

エバーグレイズに来たら、いつも立ち寄る丸義鮮魚店へ。

丸義鮮魚店

このお店はお魚が一杯あって、見ているだけでテンションが上がります。

お魚

バタ貝とサンマを購入

残念ながらセル牡蠣は本日入荷されていませんでした。

そこでバタ貝(五色貝)を購入しました。この貝は味が濃厚でとても美味しいのですよ。

バタ貝

もうひとつ、サンマの開きを購入。

サンマ

スポンサーリンク

ひまわりの湯で入浴

セル牡蠣は、この後でスーパーにも寄ってみましたが見つからず。

結局、エバーグレイズで夕方にやっているオイスターパーティーで購入することにしました。

そして「ひまわりの湯」でひと風呂浴びます。

ここは志摩スペイン村のホテルに隣接された温泉施設です。

風呂上がりに畳みの大部屋で横になっていたのですが、床暖房が入っていたので夢見心地でしばらくは動けませんでした。(#^.^#)

ひまわりの湯

炭を熾してBBQ

さて、キャンプ場に戻ってきました。

テントクリークに置かれてあったアメリカンなグリルを利用してBBQをします。

まずはグリルの上に火のついた着火剤を置きます。

着火剤

その着火剤の上に炭を入れたチムニースターターを置いておくと、10分くらいでこのような状態になります。

火熾しがとても簡単ですね。

チムニースターター

オイスターパーティで購入した牡蠣をいただきます

この大型グリルは300円で丸い焼き網だけを売店で購入すれば利用することが出来ますよ。

炭が出来たので、さっそくオイスターパーティーでゲット(100円/個)してきた牡蠣を焼いていきます。

牡蠣を焼く

お口の中に、磯の香りが広がりますねー。

「うまし~!」

うまし

それでは、今回はこのへんで。

この続きは次回の記事「2020年初めは伊勢志摩エバーグレイズでファミリーキャンプ 第三話」をどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事