スポンサーリンク

食後のまったり時間の照明についてあれこれ考えてみた夜

まだまだ続く、2015年12月26日の夜の話。

前回の記事 2015年のソロキャンプ納めはやっぱり粕川オートキャンプ場 その2 の続きです。

粕川オートキャンプ場といえば、日が暮れると強風になることが多いのですが、この日は珍しく穏やかな風でした。

(たぶん、今までここで泊まっていて、こんな夜は2回目くらい)

そこですかさず、あの風にめっぽう弱いキャンドルスタンドのろうそくを点火しました。

(気になる方は、冬キャンプ突入の粕川オートキャンプ場へ その2をご参照ください。)

最近、ソロキャンプの夜にまったりするために、雰囲気の良いあかりが欲しいと思うのです。それはLEDランタンの様な均一な明かりではなくて、例えばろうそくの炎の様に、風が吹いたらユラユラとゆれるあかりのイメージです。

せっかくソロキャンプの為に、LEDランタンをそろえてきたのに、今さら時代の流れに逆行するのかとも思いますが、原始人の時代から焚き火をしていた人間の本能がそう感じさせるのでしょうか。

粕川13_夜も更けてきた

そんなことを考えながら、・・・冬キャンプの長い夜は更けていきます。

食後の時間をまったり過ごすには

夕食後、お腹いっぱいになったのでジェントスのLEDランタンのあかりを消してみました。あたりが真っ暗になると、先ほどつけたキャンドルスタンドの小さなあかりがきれいに浮かびあがります。

前回も思ったのですが、これを使うと占い師みたいな雰囲気になります。(笑)

粕川13_ライティング

このランタンスタンドは、雑貨屋さんで1個500円くらいでした。手作り感があって昼間に明るいところで見ると値段相応な感じに見えますが、こうして使ってみると、安っぽい感じはしませんね。

人がまばらになった閑散期のキャンプ場。テントとテントの間にある程度の距離が出来て、隣の音も気にならなくなります。そこで、ラジオのスイッチを入れるとします。

FMラジオから流れてくる音楽も、屋外でまったりと時間を過ごすにはいいものです。

粕川13_ろうそくのあかり

パパーマンは、ゆれるあかりが欲しい、と最近思いはじめてからはいろいろアイテムを考えていましたが、実は少し前からストームランタンが欲しいなと思ってチェックしていました。

買うなら、PETROMAX(ペトロマックス)のHL1ストームランタン 12322が小さくて格好いいかなと思ってましたが、このランタンはもうすぐ廃番になるとかで値段が徐々にですがあがってきています。

なので値段のことを考えて、今は少し買うのをためらっています。どうするか来年まで考えると思いますが、なんか買いそびれそうですね。(;^ω^)

粕川13_ろうそくのあかり2

さて、今日はこの辺りで。

続きは次回 2015年のソロキャンプ納めはやっぱり粕川オートキャンプ場 その4をどうぞ。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事