前回の記事「山奥の八滝ウッディランドで今年のキャンプはじめ」の続きです。

岐阜県関市にある八滝ウッディランド 2018年1月13日(土)の夜。

スポンサーリンク

アルパカを使っているのに寒くなってきたぞ

テントの設営が終わり、しばらくラジオを聴いてのんびりしていたのですが、そのうち強烈な寒さを感じるようになってきたのです。もちろんサーカスTCのスカート部分から隙間風が入ってきているわけではありませんよ。

そばには石油ストーブのアルパカ君が置いてあり、間違いなくフルパワーで燃えているはずなのですが、なんだかさっきまでの暖かさを感じられなくなってます。うーん、ちょっとおかしいのですよね。

そういえば、「今夜は冷えるよ。」というようなことを管理人さんが言っていた気がするのですが。

八滝01_アルパカでも寒く

寒いのでもう寝るしかない

これは体調が悪くなったのかもしれないと思いはじめ、いったん寝袋に潜り込むことにしました。

さて、下の写真は今回使う寝具ですが、少し紹介します。

八滝01_寝具

スポンサーリンク

今回の寝具の紹介です

まずコットの上にキャプテンスタッグの EVAフォームマットを一枚敷きます。冬場にコットの上に直接寝袋で寝ると、コットは通気性が良いのでかなり寒く感じるのですよ。なので風を通さず断熱効果のあるEVAフォームマットをまず敷くのです。

次に、 EVAフォームマットの上にノースイーグルのキャンプベッド クッション シートを敷いています。今は廃版になっていますが、封筒型シュラフを半分にしたようなものです。コット専用の敷き布団といったところですね。

先ほどの EVAフォームマットの上に寝袋で寝ると、寝袋と EVAフォームマットの間で結露して、寝袋が濡れ保温効果が落ちるので、このキャンプベッド クッションシートを一枚敷いているのです。

こうすれば、このクッションシートとEVAフォームマットの間で結露するので寝袋は濡れにくいというわけです。

八滝01_敷き物

あとは寝袋を広げて寝ます。枕は小型の低反発枕を2個重ねて使用していますよ。

しばらく寝袋の中で休んでいたら、少し暖かくなってきました。

八滝01_寝袋で寝る

トイレに行こうとサーカスTCを出たところで、「あれっ?」

八滝01_雪

山奥のキャンプ場で雪にあいました

おおっ、すっかり雪が降ってるじゃないですか。(;^ω^)

今シーズン、はじめて見る雪でした。これは寒いわけだ!

八滝01_雪が降る

今回は、こんな山奥のキャンプ場まで来てしまいましたが、明日は無事家まで帰ることが出来るのでしょうか。

なんだか心配になってきましたよ。なにせ、車はノーマルタイヤだし。(泣)

八滝01_雪が積もる

それでは、今回はこのへんで。

続きは次回「雪の降るキャンプの夜は塩ちゃんこ鍋で暖まる」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事