ひるがの高原の朝
朝起きてテントを開けた風景

こんにちは、ochanです。

今回、ひるがの高原に泊まって感じたことがあって、それはキャンプ場の真ん中を流れる小川の音がとても心地良かったということでした。

僕が良く利用する粕川オートキャンプ場には、粕川(かすかわ)という名前の川がキャンプ場のすぐ横を流れているのですが、川幅が40mくらいあって流れもそれなりに速いので川の流れる音は「ザーッ」という感じなのです。

それに比べると、ひるがの高原の小川は幅がわずか1mくらいで、いわゆる「サラサラと流れる」という表現がぴったり。

ザーッという音も悪くはないのですが、サラサラの方が僕の場合は癒し(ヒーリング)効果が高いと感じました。

2つの川で癒し効果の違いを感じた理由をあえて考えてみると、きっとザーッという川の音はラジオのノイズの様に揺らぎがあまり感じられないのに、サラサラという流れは常に音が揺れているという違いにあると思います。

これをもし一言で表すなら、「小川の流れる音の方が1/fゆらぎ効果が高い」というになるのですが、1/fというのが抽象的な表現なのでかえってわかりにくいかもですね。

とにかく癒しを求めてキャンプをしている僕としては、これは大きな発見でしたよ。

それでは、今回は最終話(第四話)のお話をどうぞ。

スポンサーリンク

ひるがの高原の緑の森で目ざめる

前回の記事「ひるがの高原キャンプ場の夜を歩く道具」の続きです。

岐阜県郡上市高鷲町ひるがのにある「ひるがの高原キャンプ場」でのソロキャンプ、2020年6月7日(日)の朝

朝8:00、少し遅い目覚めでした。

テントの外に出ると、フェアーハンドランタンの炎がまだ燃えているのに気がつきました。昨夜から常夜灯になっていたようですね。

ランタンの炎はこのあと、オイル切れで直ぐに消えてしまいました。

このランタンはキャンプに来ると晴れでも雨でも常に屋外に吊るしているせいもあって、だいぶボディに錆が浮いてきました。

それでも、いい味が出るのがジンクメッキですね。

朝の散歩中。

サイトの裏から見たジムニーとショウネンテント。

ひるがの高原01_43

キャンプ場を流れる小川

キャンプ場を流れる小さな川です。

とても小さな川なので、これなら子供が遊んでも安心ですね。

この川が流れる音にすっかり癒されましたよ。

ひるがの高原01_52

朝から刺身です

朝ごはんは昨晩のおかずの残り物。中トロです。

「朝からトロ食ってんのかよ!」という声が聞こえてきそうですが、でもうまいのですよね。

ひるがの高原01_48

今回使ったキャンプ道具たちの紹介

使っている道具のお話を少しだけ。

そろそろキャンプ場にも虫が増えてきましたね。特に森の中のキャンプ場にはいろんな虫がいるので、迷わず赤いパワー森林香で結界を張りましたよ。

キャンプに行くなら、蚊取り線香などの防虫対策がもう必携となる季節です。

ひるがの高原01_46

シベリアンクーラーボックス

僕は冬場のキャンプでは断熱材の薄い小さめのクーラーボックスを使っているのですが、先週のキャンプからクーラーボックスは夏仕様になっています。

僕が暑い季節に使っているのは、保冷力のとても高いシベリアンクーラーボックス。

正面から何度見ても、もう人の顔にしか見えないクーラーボックスなんですよ。

とても詳しいシベリアンクーラーボックスの紹介記事はこちら。

ひるがの高原01_47

めちゃもえファイヤーとイワタニの焼き網のコンビ

ためしにDODのめちゃもえファイヤーの中にイワタニの炉端焼き器炙りやの焼き網を入れてみると、この通りすっぽりと収まりました。

網が一枚あるだけで、この焚き火台での調理がとてもしやすくなったので、ここが焼き網の定位置となりました。

ひるがの高原01_49

メノーラさん

さて次はクイックキャンプのメノーラさんです。

今シーズンはたっぷりと働いてもらいますよ。(#^.^#)

このランタンのクロムメッキ部分は錆びないように磨かないといけませんね。

ひるがの高原01_51

スポンサーリンク

チェックアウト時刻までに撤収を

さて、そろそろ森のわが家を撤収することにします。

キャンプ場のチェックアウト時刻は12:00。

僕の場合はサイトを完全に撤収するまでに2時間かかりますので、10:00から撤収をはじめるとちょうどチェックアウト時刻に間にあう計算です。

ひるがの高原01_44

11:55分にチェックアウトが完了!

今回も心の充電がたっぷりと出来ました。

それにしても今日は良いお天気ですね。

せっかくの天気なので、これから自宅まで下道でのんびりと帰ろうと思います。

ひるがの高原01_50

今回のキャンプ日記も、最後までお読みいただきありがとうございました。

いやぁー、ひるがの高原キャンプ場の林間サイトは良い雰囲気でしたね。

ここは夏でも涼しそうなキャンプ場なので、今年はもう一回くらいここに泊まってみたいなと思っています。

ところで緊急事態宣言が解除されたばかりなのに、もう梅雨入りになってしまって残念です。

僕は解除後すぐに3週分のキャンプ場を予約してしまったので、次週もキャンプ場をおさえているわけなのですが、これがあいにくの雨予報。

まぁ、でもキャンプに行ってみようかなと今のところ思っています。(^▽^;)

みなさんのキャンプのご予定はいかがですか?

それでは今回はこのへんで。

→初めの記事「ひるがの高原キャンプ場で森林浴に癒されたソロキャンプ」に戻る。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事