スポンサーリンク

プリムスのイータパワーが使えなくなりました

パパーマンが冬キャンプの火器として昨シーズン使用していたプリムスのイータパワーP-ETA-EFですが、ついに使用不能となってしまいました。(泣)

といっても、パパーマンのイータパワーがダメになっただけであって、この商品が廃番になったわけではありません。なのでイータパワーの購入をお考えの方は、ご安心くださいませ。

さて、はじめに断っておこうと思うのですが、今回イータパワーがダメになった理由はあくまで自分の使い方が悪かったことによるものです。けして製品の欠陥というわけではありませんので。

そのうえで、いろいろと思うところがありましたので今回記事にしてみました。イータパワーを既にお使いの方はもとより、ご購入をお考えの方の参考になれば幸いです。

イータパワー03

イータパワーの使い方を守っていなかったのです

まずですね、パパーマンは下の写真のようにイータパワーを使っていたのです。今思えば、このような使い方が良くなかったのですよね。ここが甘かったところです。

イータパワーを使う一番の理由は風よけのためでした。ガスコンロの炎はやはり風に弱いのです。なのでこんな風にユニフレームのごはんクッカーをのせて、炊飯なんかしていたのです。炊飯の時にバーナーの炎が風で流れると、炊飯が成功しないことが多かったのですよね。

イータパワーの注意書きには、専用のポット以外は使わないようにとありました。その専用のポットの底にはヒートエクスチェンジャーがついていて燃焼効率がUPするようになっているわけです。山歩きをする方はガスボンベを出来るだけ持ち歩きたくないでしょうから、これは価値のある機能ですね。でも、今思えば他にも理由があったのかもしれません。

イータパワー02

ある時パパーマンはミルクを温めて飲みたいと思い、ユニフレームのコッヘルをイータパワーに載せた状態でミルクを注いだのです。ところがですね、ミルクを一瞬ですが、コッヘルからこぼしてしまったのですよ。すると、コッヘルの側面をミルクが伝って、炎の中に落ちていきました。

イータパワー04

イータパワーのバーナーの炎は、こんな風に中央部にギュッと集まっています。この中にミルクが落ちたので、さぁ大変。

イータパワー01

スポンサーリンク

悲劇のバーナーヘッド

バーナにミルクが降り注いで、穴の中へ入っていたのです。下の写真の様に黒焦げになってしまいました。もし、専用のポットを使っていたらどうでしょう。鍋底についているヒートエクスチェンジャーの部分が下に張り出しているので、バーナーにミルクが到達してしまうことはなかったと思います。つまりヒートエクスチェンジャーつきのポッドと、このバーナーヘッドは組み合わせて使う必要があったというわけです。

イータパワー06

結果、炎がこんな風にしか出なくなりました。(-_-;) 燃焼不良です。

正しいのはもちろん青い炎なのですが、事件後は黄色い炎になりました。これはあきらかに空気不足ですね。

アウトドアショップで、このバーナーの修理代を調べてもらいましたが、驚きの7000円オーバーでした。これはイータパワーの購入額の半分くらいの価格になります。

少し考えましたが、やはり修理するのをあきらめました。7000円といえば、普通に良いバーナーが買えるくらいの値段ですから。とても残念です。

パパーマンがプリムスのガスバーナーを、このように詰まらせて使用不要にしてしまったのは、実は今回が初めてではなくて2回目なのですね。(笑) アウトドアのバーナーって、だいたい炎が出る穴が上を向いているのです。そうすると、何らかの拍子に穴に物が詰まる可能性が、どこまでもつきまといますよね。

イータパワー05

カセットコンロってやっぱり使いやすい

一方で家庭用のカセットコンロは、必ずと言っていいほど炎の出口が横を向いています。これだと上から煮汁なんかが落ちてきても、炎の出口に直接かかることはありませんので、穴が詰まる可能性もかなり低いわけです。

そんなわけで、キャンプでもカセットコンロが一番使いやすいというのが結論です。(笑)

もちろん、バイク旅や登山などで荷物をけずらなければならない状況では、カセットコンロというわけにはいきませんが。

イータパワー08

パパーマンのイータパワーはガスバーナー部は駄目になったのですが、イータポットはまだまだ使えます。これだけ購入しても1万円するようなので大切に使いたいと思っています。燃焼効率はこれだけでもUPすると思われますので、冬はこれで鍋をするとしますよ。

みなさんも、アウトドア用のガスバーナーをお使いの際にはぜひお気をつけくださいませ。

イータパワー07

それでは、今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事