2023年ゴールデンウィーク前半戦は鮎川園地へ 後編
日本海に沈む夕日を眺めて

前回の記事「2023年ゴールデンウィーク前半戦は鮎川園地へ 前編」の続きです。

鮎川園地でのソロキャンプのお話をどうぞ。

日本海に沈む太陽

 2023年4月30日(日) 福井県福井市鮎川町にある鮎川園地キャンプ場でのソロキャンプの夕方

良い時間になってきました。

昨日と違って天気が良いので、今日こそは夕日を見られるはずです。

夕方晴れ間

今朝まで雨が降っていたせいか、日曜日なのにキャンプ場には人があまり多くないようです。

さて、夕焼けに備えてカメラのレンズの準備をします。

日暮れ時

風はもう収まっていますが、海はまだ荒れています。

波と太陽

全てが綺麗に見える、この黄昏時の時間が僕は好きです。

夕暮れの鮎川園地

日本海に沈む夕日、今日は最高の景色を見ることができました。

贅沢な時間ですな。

夕焼けと山稜

焚き火をしながら夜は更けて

夕飯はイカのバター焼きを作って食べました。

ソロサイズの丸いコールマンのダブルパンクッカーがいろんな調理に使えて便利です。

いか

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,497 (2024/07/19 03:03:56時点 Amazon調べ-詳細)

売店で薪を買ったら、馴染みの管理人のおばちゃんにおまけしてもらったので今夜は焚火をたっぷりと楽しめそう。

おばちゃん、ありがとう。

まき

僕の中ではほぼ定番のTOKYO CRAFTSのマクライトで焚火を始めます。

マクライト

ソロキャンプの夜は更けて。

テント正面

ここに来たら、よく甘エビをスーパーで買って食べてます。

これもうまい。

福井と言えば越前ガニだけではなくて、こちらもおすすめ。

最近は「ふくい甘エビ」というブランドにもなっています。

甘エビ

それでは、そろそろ寝床に入ります。

ケトル

GWらしい人ごみのキャンプ場

 2023年5月1日(月) 福井県福井市鮎川町にある鮎川園地キャンプ場でのソロキャンプの朝

おはようございます。

起きると波と小鳥の鳴き声が聞こえてくる平和なキャンプ場の朝。

お腹がすいたので、朝ごはんは焼うどん。

写真のうどんを2回作って食べました(笑)

焼うどん

ユニフレームのキャンプ中華鍋17cmをつかって炒めましたよ。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,400 (2024/07/19 08:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

月曜日もお天気が良く、朝から徐々に人が増えてきた鮎川園地キャンプ場。

GWらしくなってきましたなぁ。

活気があるキャンプ場もいいですね。

晴れた日の山稜

まだ波の高さは残りますが、きのうよりは穏やかになってきたようですね。

荒れる海

お隣のキャンパーさんのお勧めで、キャンプ場の入口にある亀島亭でお昼ご飯を食べることに。

いままで一度も入ったことがなかったのですよね。

キャンプ場から歩いてすぐです。

レストラン

大好物の大きなエビフライ定食をいただきました。

よく行く「まつ田」よりもリーズバブルな価格設定なのがいいですね。

エビフライ

今日も夕日が美しい

その後は買出しに出かけ、帰ってきたころには日が傾きかけていました。

キャンプ場に落ちている松ぼっくりを拾って着火剤にします。

ガストーチで炙ると、勢いよく松ぼっくりが燃え始めました。

松ぼっくり

明るいうちから焚き火がはじまりました。

今回もTOKYO CRAFTSのマクライトを使っています。

夕日とマクライト

今日も夕日がきれいですな。

この天体ショーは何度見ても飽きません。

日没の空

オイルランタンも点火しました。

夕日とランタン

このキャンプ場の一大イベントがもうすぐ終わります。

海に沈む夕日は最高ですね。

夕日と山稜

水平線の上の真っ赤な太陽。

血のような赤い太陽に癒されます。

夕日

本日の夕ご飯はコールマンのダブルパンクッカーを使ったキャベツ焼です。

キャベツ、スーパーのキャベツの線切りパックを使っています。

キャベツ焼製作中2

ダブルパンクッカーならこびりつかないので、簡単に焼けますね。

半分に折り返してソースをかければ出来上がり。

これは絶対美味しいやつ(^_-)-☆

キャベツ焼

最終日にもうひとつの海の写真を

食べてしばらくして寝床に入ったのですが、寝る前に見た月があまりに綺麗だったので未明に眠い目をこすって起きました。

目的はこの風景を撮ること。

月の道がキラキラと水面に輝いて、寝る前に想像していた通り神秘的な風景に出うことができました。

月の道

変な時間に起きちゃったので、お腹が減ってしまいました。

というわけでダブルパンクッカーで背徳のホットケーキを作ります。

食べたらすぐに就寝(笑)

夜のホットケーキ

 

 2023年5月2日(火) 福井県福井市鮎川町にある鮎川園地キャンプ場でのソロキャンプの朝

最終日の朝。

今日もお天気です。

青空が気持ちいい。

波もすっかり小さくなりましたね。

最終日の昼

すっかり周りをGWを楽しむキャンパーさんのテントで囲まれてしまいました。

それでは明日からはじまるGW後半戦のキャンプに向けて、今日は早めに撤収します。

晴天

撤収が終わり、帰りがけにまた亀島亭でマグロ丼をいただきました。

これで1000円は安い!

それではいただきまーす。

マグロ丼

今回もこのキャンプ日記をお読みいただきありがとうございました。

初日から嵐にあいましたが、あとは記憶に残るような素敵な景色や旅人に出会って楽しいソロキャンプでした。

毎年やってくるこの鮎川園地キャンプ場はやっぱりサイコーなわけで、またそのうち野営地メンバーと訪れたいと思っています。

さて、GWのキャンプのお話はまだまだ続きますよ。

後半戦は岩手まで遠征したミッチーとのデュオキャンプ。

続きもよろしくお願いします。

それでは今回はこのへんで。

この続きは「2023年ゴールデンウィーク後半初日は猪苗代湖の舘浜キャンプ場へ」の記事をどうぞ。

⇒「2023年ゴールデンウィーク前半戦は鮎川園地へ 前編」に戻る

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,497 (2024/07/19 03:03:56時点 Amazon調べ-詳細)
「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事