スポンサーリンク

コールマンのポールエンドストッパーを購入した理由

今回は、最近使っているコールマンのポールエンドストッパーについて、ご紹介します。

ポールエンドストッパーという商品があるのは、以前より知っていたのですが、その必要性が最近まであまり感じられず、興味がなかったパパーマンです。ところがソロキャンプでオープンタープを張るときに、ポールエンドストッパーがあれば便利だなと初めて思ったのです。

ソロキャンプでは何でも1人で作業をしなければならないのですが、これはタープを張る時も同様です。タープを張る作業は、まず初めにセンターの2本のポール先端にタープ端とガイロープの輪をはめ込んだ状態のまま、ヨイショとポールを立ち上げるのですが、1人作業だとペグダウンするまでタープにテンションを常にかけておくことが難しくて、タープがゆるむことによって、せっかくはめ込んだガイロープがポロリと外れてしまうことが高い確率でありました。

そんな時にはポールエンドストッパーを装着してやれば、テンションがゆるんでもガイロープが外れることが一切無くなります。

コールマン ポールエンドストッパー04

ポールエンドストッパーは4個入りで売られています。値段はそんなに高いものではありませんよ。

コールマン ポールエンドストッパーの主な仕様です。

・材質:合成ゴム
・数量:4個

コールマン ポールエンドストッパー01

写真はユニツアー3のひさしの部分に使用したものです。こういったテントのひさしの部分は強風であおられて、生地が持ち上げられるような動きをすることがありますので、ガイロープが外れないかと心配される方も多いのではないでしょうか。

ユニツアーに付属していたポールの先端部分に溝が刻まれており、すべりにくい工夫がされていますが、さらにポールエンドストッパーをつけると安心感が一段と増します。

コールマン ポールエンドストッパー03

ソロテントのひさしにポールエンドストッパーをつけてみた

ポールエンドストッパーの穴にポールの先端を差し込むわけなのですが、ユニツアー3で初めて使ったときはキツくて抜くのが大変でしたね。(笑) だけど数回使用しているうちに、穴がなじんできて少し力を入れればストッパーが取れる様になってきました。

コールマン ポールエンドストッパー02

下の写真はユニツアー3のひさしのポール先端にポールエンドストッパーを差し込んだところです。赤いスポールエンドストッパーはテントのアクセントにもなります。

コールマン ポールエンドストッパー05

コールマンのポールエンドストッパーには、貫通していない穴もあけられていますので、写真の様にタープの下からポールをたてる時など、ポール先端に柔らかいポールエンドストッパーをつけておけば、タープを傷つけずにすみます。

コールマン ポールエンドストッパー09

スポンサーリンク

コールマンのポールエンドストッパーとタープポールの相性を確認する

さて、ポールエンドストッパーの穴とタープポールの先端のサイズには相性があると思いますので、パパーマンの手持ちタープポールに差し込んで試してみます。

まずは、モンベルのアルミタープポール240です。

問題なく差し込めますね。

コールマン ポールエンドストッパー07

続いて、赤いポールの中で比較的安く入手できるsoomloomのポールです。

このポールについても問題ありませんね。

コールマン ポールエンドストッパー06

最後に村の鍛冶屋さんのエリッゼ(ELLISSE)アルミ タープポール レッドです。

このポールは先端にロープ外れ防止の黒いゴムが初めからついているので、ポールエンドストッパーは装着できません。こういったポールもあるので、購入前には確認が必要ですね。

コールマン ポールエンドストッパー08

コールマン ポールエンドストッパーまとめ

ソロキャンプでタープを張る時には、あるととても便利に感じるのがポールエンドストッパーです。また不意の強風の時などは、つけているだけで安心感が違います。ポールエンドストッパーは、なくてもなんとかなるけど「備えあれば憂いなし」といったものですよ。

さて、今回紹介したコールマンのポールエンドストッパーですが、

子供とキャンプをするときなどは、使うと安心感が増すのでいい道具だと思います。

それでは、今回はこのへんで。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事