テントの中
ショウネンテントの中で調理中です

こんにちはochanです。

このブログのコメント欄に時々書き込んでくれる”はっとんさん”に粕川オートキャンプ場で偶然出会い、その時にはっとんさんに勧められてキャンプ系のインスタグラムを始めたのが今年の4月です。

まだ3カ月くらいしか経っていませんが、これが結構楽しくて毎日1枚くらいのペースでキャンプをしたときに撮った写真を投稿しています。

基本はこのブログ記事にUPしている写真ばかりですけどね。

今までブログ記事を書くこと自体、もちろん楽しかったのですが、最近はもうひとつ写真を撮る楽しみも増えブログ制作のモチベーションも上がってきています。

といっても、記事を書くペースは今までとあまり変わらないのですが。(;^ω^)

キャンプを通じて出会った方の影響はとても大きくて、ありがたいなと感じています。

さて、今回のキャンプ日記もそんな出会いのお話です。

それでは郡上八幡リバーウッドキャンプ場でのソロキャンプのお話 第二話をどうぞ。

スポンサーリンク

郡上八幡は水の都という

前回の記事「郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場 暑い夏を感じた6月」の続きです。

岐阜県郡上市八幡町にある郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場でのソロキャンプ、2020年6月20日(土)の夕方です。

 

郡上八幡は長良川の上流の、ちょうど3つの川が合流するところにあることから水の文化が生まれた町です。

このリバーウッドキャンプ場もその名の通りで、3つの川の一つ吉田川が近くを流れています。

夏の暑い日に、この透きとおった水に足をつければ、きっと冷たくてたまりませんよね。

もし誰も見ていないところで、こんなふうに水が湧き出しているのを見つけたら、この上に腰をかけてしまいそうです。(゜-゜)

噴水

郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場の水遊び場

先ほど見た水が湧いているポイントは、実はこのキャンプ場の水遊び場でした。

とても浅い水路なので、小さい子どもが遊ぶのにぴったりの場所ですよ。

水遊び場

ビーフカレーを仕込み中

本日の夕ご飯の下ごしらえが完了しました。

今日はビーフカレーを作ります。

牛肉のステーキ肉1枚に玉ねぎ1個、ジャガイモ2個、ニンジン1本をこの通り全て刻みました。

こうしてみると、ソロキャンプには量を作りすぎな感じがしますよね。(^▽^;)

肉野菜

ユニフレームのバーナーパッドMで焦げ付き防止

カレーを煮込むときにコッヘルの底が焦げ付かない様、いつものゴトクの下に、ユニフレームのバーナーパッドMをはめ込んでやります。

これなら、バーナーの火力がコッヘルの真ん中だけではなく広がるはず。

バーナーパッド

しかしこの方法は、皆様にはあまりお勧めしません。

このあとバーナーパッドが熱で変形して、五徳から取り出すのがとても大変でしたから。

あと、これだとバーナーパッドがコッヘル底から離れてしまうので、火力がだいぶ弱まります。

やはりバーナーパッドは五徳の上に置くのが良いかなと思いました。

ステーキ肉を刻んで煮込む

ユニフレームのごはんクッカープラスにほぼ満タンになった具材。

こうなったらもう煮込むしかない。(笑)

煮込み中

いい感じになってきました。

このあと、カレーのルーを4皿分も入れましたよ。

煮込み中続き

ユニフレームのごはんクッカープラスの参考記事はこちらです。

スポンサーリンク

メスティンの自動炊飯中

ご飯は今回もメスティンの自動炊飯です。

この青い固形燃料は少しずつ気化しているみたいで、ストックしている固形燃料が少しずつ小さくなっているのです。

というわけで、その対策を考え中です。

自動炊飯

カレーライス制作中!

完成まで、あともうすぐ。

調理中

リバーウッドオートキャンプ場もそろそろ日暮れ

だいぶ日が長くなりましたね。

もうすぐ夕飯が出来るという頃、ようやくキャンプ場がうす暗くなってきました。

ショウネンテントの前室をランタンのあかりで明るくしてやります。

夕暮れテント

ショウネンテントの参考記事はこちらです。

ビーフカレー完成です

ビーフカレーが完成しました。

たっぷりできました。

カレー完成

ビーフがやっぱり美味かったですね。

たくさん食べました。

いただきます

土の塊さんと野営や釣りの話で盛り上がる

僕のサイトの隣に泊まっているのが、ツイッターで相互フォローしていた土の塊(つちのかたまり)さんということをつい先ほど知りました。

どうしてわかったかと言うと、ツイッターのタイムラインを見ていたら土の塊さんが自サイトの写真をあげていたのを発見したからです。

「なんか、さっき見たような風景にソックリ」と思ったのですよね。(笑)

これって凄い偶然!まさかこんなところで会うなんて驚きです。

さっそく、夕ご飯のあとに土の塊さんとお話をたっぷりさせていただきました。

二人とも歳も近いし、キャンプと釣りとジムニーという共通の趣味もあって話に花が咲きました。

土の塊さんの影響で、今年はいよいよ野営にチャレンジしようと思う様になりましたよ。

そのうちやりますので、楽しみにしておいてください。

下の写真は土の塊さんの焚き火台です。

ピコグリル

ソロキャンプの夜は更けていきます。

ファイアポットとショウネンテント

今回のお話はこのへんで。

この続きは次回の記事「郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場 ソロキャンプの夜に火遊び」をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事