サイト全景
これがochanのサイト全景です

こんにちはochanです。

今回のキャンプは自粛規制解除後3回目となるソロキャンプだったのですが、キャンプから家に帰ってしばらく爆睡してしまいました。もう、今までにない疲れを感じたのですよね。

これはきっと2カ月という長い間、自宅待機で休日も家でおとなしくしていたせいだと思うのです。

つまり体を動かしていなかったので体力が落ちたということですよ。

キャンプにはスポーツのようなハードな運動のイメージは無いのですが、いい歳のおじさんにとっては、荷物を運んだり、ペグを打ったり、火を起こしたりと、何かと動いている時間が多いので、それなりに体力が必要になるのだと思います。

というわけで、これはもうキャンプを続けながら基礎体力作りに励むしかありません。(←ただキャンプをしたいだけのおっさんの主張です。)

スポンサーリンク

日曜日のキャンプは静かにはじまる

前回の記事「郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場 ソロキャンプの夜に火遊び」の続きです。

岐阜県郡上市八幡町にある郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場でのソロキャンプ、2020年6月21日(日)の朝です。

おはようございます。

日曜日は6:00前に目が覚めました。

ここリバーウッドオートキャンプ場はチェックアウトが13:00と遅めなので、日曜日はゆっくりできてキャンパーにはありがたいですね。

もう蚊のでる季節なので、テント前室内で蚊取り線香をつけました。

僕が使っているのは、キンチョーのけむりの少ない蚊取り線香。テント内などの煙りがこもってしまう場所で使うのに向いてます。

蚊取り線香

けむりのすくない蚊取り線香の関連記事はこちらです。

朝ごはんは昨晩のカレーライスの残りです。これで完食です。

朝のカレー

昨日の夕方に点火したフュアーハンドランタンの火が、朝までついてました。

この後、消灯。

フュアーハンドランタン

朝のUFファイアポット

僕はいつもなら朝は焚き火をしないのですが、薪が3本だけ余ってしまったので点火してこの薪を燃やすことに。

UFファイアポットに点火!

朝の焚き火

朝に焚き火をしないのは、消し炭は見た目に真っ黒で火がついていないようにしか見えなくても実は炭の中の方が燃えていることがあって、気づかずゴミ袋に捨ててしまうと中で燃え始めることがあって危ないからです。

流石に夜に燃やした薪は朝方にはほとんどが消えていると思いますが、朝に焚き火をしたなら万全を期すためには火消つぼを使った方がいいですね。

朝のテントと焚き火

スポンサーリンク

郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場の緑に癒される

それでは、朝のパトロールにでかけましょう。

ここは緑の多いキャンプ場です。

本当は電源サイトに泊まれば背の高い針葉樹に囲まれているので、木陰の下で休めていいのですよね。

緑の木

ドクダミの白い花

白いどくだみの花が咲いていました。

ドクダミ

木に苔が生えて、この緑がたまりません。

苔

パトロール終了。

またテントに戻ってきました。

緑の木2

徳島のイリカス焼けた

DODショウネンテントの前室はこんな感じです。

前室全部

イリカスを土の塊さんからいただく

お隣に泊まっている土の塊(つちのかたまり)さんからイリカスを差し入れでいただきました。僕は初めてイリカスという食べもののことを知ったのですが、初め土の塊さんからイリカスと聞いたとき、その名前の響きが斬新に感じました。

この食べ物は徳島県の珍味だそうです。

そのままでも食べられるそうですが、僕はフライパンで軽く焼いてから食べました。

牛のホルモンを揚げたようなもので、口に入れて噛んでいると塩あじとホルモンのフレイバーな旨味がじわっとしみ出てきて旨かったです。

これはなかなかクセになる味ですね。

イリカス

食後にクーラーボックスの中で、凍るくらいに冷やされたパイナップルをいただきました。

最近、近所のスーパーに行くとパイナップルがカットされずに1本ものの状態でよく売られています。そこで、お気に入りのスパイダルコのナイフで下の写真のように輪切りにして食べました。

キャンプでナイフ使う場面があると、僕の場合はなんとなく満足感が高くなります。(#^.^#)

ところで、パイナップルがそのままの状態で売られているのもよく見かけませんか?

あの厚いパイナップルの皮を、どうやってみんな剥いて食べているのでしょうね。とても気になります。

パイン

天気の良い夏の日の撤収

午前10時。

これからぼちぼちサイト撤収をはじめれば、ゆっくり作業しても十分間に合います。

片付け

ボックスの中に、キャンプ道具をびっしりと詰めていきます。

片付け2

昨日、キャンプに出かける時にミッチーから、「これを使え。」と言われて渡されたのが首にかける小型扇風機。

これを撤収作業中に首から下げて使っていたのですが、おかげでだいぶ助かりました。

最後は電池が切れてしまいましたが、この扇風機は暑さ対策としてなかなか有効なアイテムだと思いました。

最近はホームセンターでも安く売られているのを見かけますね。

ポータブル扇風機

テントの撤収が終わってからチェックアウト時間まで、しばらくスターゲイツに載ってくつろいでいました。

撤収完了

さて、そろそろ帰りますかっ。

青空

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

今回は本当に偶然、土の塊さんとの出会いがあって、とても楽しいソロキャンプになりました。

最後にサプライズなプレゼントを土の塊さんからいただきまして、これでまた僕の楽しみがひとつ増えましたよ。

土の塊さんに感謝です。

さて、まだまだ梅雨が続きますが、皆さんのキャンプのご予定はいかがでしょうか。

週末が雨予報だと、キャンプ場の予約をしようか、やめておこうかと迷ってしまうかもしれませんね。

こういう時、予約不要の無料キャンプ場がやっていると都合が良いのですよね。

僕のホームの粕川オートキャンプ場(無料)ですが、7月1日からいよいよ再開します。

さっそく行かなくちゃね。(#^.^#)

それではみなさん、またどこかのキャンプ場でお会いしましょう。

→初めの記事「郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場 暑い夏を感じた6月」に戻る。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事