スポンサーリンク

大寒波による積雪の粕川オートキャンプ場

2月11日(土)の17時、粕川オートキャンプ場に到着。

下の写真の通り、この大寒波の影響で雪が20cmくらい積もっていました。これは全くの想定外のコンディション。岐阜でもこんなに雪が積もっているのかと驚きくとともに、本日のキャンプが不安になりました。

このままキャンプをしても良いか、さすがにしばらく考えてしまいました。キャンプ場にはわずかですが、テントをすでに張っている方が2組くらいいらっしゃる様です。当然、いつもよりお客さんは少ない状況ですね。

この時、大粒の雪が融ける様子もなく勢いよく降っていました。天気予報ではこの雪が明日の昼まで続くというのですよ。それじゃあ、いったいどこまで雪が積もるのでしょうか? 帰る時に、車はこのキャンプ場から無事脱出できるのでしょうか?

みなさんなら、こんな時どうします?

粕川キャンプは止め01

雪が融けていると思ったのが甘かった

下の写真はキャンプ場に向けて出発する直前の自宅前です。ちょうど午後3時くらいですね。土曜日の朝には自宅付近でも2cmくらい雪が積もっていましたが、この通り昼にはすっかり融けていました。キャンプ場もこんなものかなと思っていたのですが、これが甘かった。車でキャンプ場に近づくにつれ、雪の勢いが強くなってきたのです。

粕川キャンプは止め02

スポンサーリンク

雪中キャンプには装備が必要ですね

ステップワゴン君はスタッドレスを履いていましたが、キャンプ場の雪の深いところに車を停めるために入ったら、出ようとしたときにタイヤが空回りして滑ってしまいました。

これはかなりビビリましたよ。(#^.^#)

キャンプ場自体、今日は車があまり走らないのでほぼ雪が融けていない状態なのです。

この先、雪がさらに積もっていくと車が立ち往生してキャンプ場から脱出出来なくなるのではないかという一抹の不安を感じました。

なんだか、帰るときは車が除雪車の様に雪を押すようになる気がします。

そして最後に車から降りると、足がひざ下までずっぽりと雪にはまり・・・気づけば、いつもの様にクロックスを履いていたわけで・・・足がそれは冷たくて冷たくて、これはかなり厳しいことが身にしみました。(泣)

最低限、この雪の中では装備として長靴が必要ですね。年中、いつもクロックス履いているのが裏目に出て、これがキャンプをあきらめる決定打となりました。(笑)

というわけで、この日はとても悔しかったのですがキャンプを断念して帰ることにしました。

あきらめきれずに帰りに近くの大津谷公園キャンプ場にも寄ってみましたが、こちらも同じようなコンディションで駄目でしたね。それにしても、今回はいい経験になりました。

それにしても今年は雪がよく降りますねー。みなさんの週末はいかがでしたでしょうか。

粕川キャンプは止め03

今回はこのへんで。

それでは、また。

追記)

月曜日にラジオの天気予報を聴いていたら、揖斐川町では局地的ですが週末だけで2mも雪が積もったところがあったとか。

もし泊まっていたらと思うと、これはぞっとする積雪量です。やっぱりこの時は撤退する判断をして良かったなと、後になってですが思いました。

自然は時々、パパーマンの様な凡人が想像するレベルをはるかに超えてやってくるのでやはり恐ろしいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事